このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182398
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-069
事例作成日
(Creation date)
2015/07/22登録日時
(Registration date)
2015年10月15日 14時11分更新日時
(Last update)
2016年01月15日 17時46分
質問
(Question)
聴力が病気やそのほかの理由で低くなり、生活に支障が出るような状態のとき、機能回復を目指す為に参考となる資料を探している。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『耳トレ! こちら難聴・耳鳴り外来です。』(エクスナレッジ 2011)
 難聴・耳鳴りの原因を例示し、症状を悪化させない生活習慣等について解説あり。
 例:p96 不随意筋の緊張、p100 鉄やたんぱく質の不足、p160 脱水症状による有毛細胞の疲労 等
『難聴Q&A 発達期から老年まで600万人が悩む』(ミネルヴァ書房 2005)
 p54-75 感音難聴の治療、p100-124 内耳再生医療についての記述あり。
『リハビリテーション医学全書13 聴覚障害』(後藤修二編 医歯薬出版 1972)
 出版年が古いため最新情報ではないが、リハビリテーションについての記述が多数みられる。
 p197-「医療と教育訓練との関係」、
 p302-「小児・成人の難聴」、p315-「成人難聴のリハビリテーションにおける問題点」、
 p317-「老人の難聴」、p325-「6)リハビリテーションの実際」、
 p357-「読話訓練」
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料を確認する。

その他調査済み資料
『耳科学 難聴に挑む』(中央公論新社 2001)
『よい聞こえのために 難聴と補聴器について』(クラウス・エルバリング、キーステン・ヴォースー著 海文堂出版 2008)
 聴能訓練、聴覚学習、補聴器、人口内耳に関する記述あり。
『聴覚と言語の世界』(永淵正昭著 東北大学出版会 1997)
『新耳鼻咽喉科学』(切替一郎原著 加我君孝編 南山堂 2013)
『言語聴覚療法 臨床マニュアル』(平野哲雄、長谷川賢一編 協同医書出版社 2014)

『家庭の医学』(保健同人社 2000)
 p1122-「難聴には伝音難聴(医学的に治療可能)と感音難聴(例外はあるが医学的治療不可能)がある。機能回復については症例により異なる。」とあり。
『よくわかる聴覚障害』(小川郁編 永井書店 2010)
 「聴覚リハビリテーション」の項目あるが、補聴器、人工中耳、人工内耳についての記述のみ。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
眼科学.耳鼻咽喉科学  (496 9版)
参考資料
(Reference materials)
『耳トレ! こちら難聴・耳鳴り外来です。』(エクスナレッジ 2011), ISBN 978-4-7678-1202-1
『難聴Q&A 発達期から老年まで600万人が悩む』(ミネルヴァ書房 2005), ISBN 4-623-04318-5
キーワード
(Keywords)
難聴
リハビリ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
健康・医療
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000182398解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!