このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182269
提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2015-20
事例作成日
(Creation date)
2015年06月08日登録日時
(Registration date)
2015年10月09日 14時13分更新日時
(Last update)
2015年10月15日 14時35分
質問
(Question)
仙台には「芭蕉の辻」というところがあるが,松尾芭蕉がいつごろ訪れた場所なのか知りたい
回答
(Answer)
訪れていないようです。「芭蕉の辻」の由来については諸説あるようです。
また,石川県金沢市には松尾芭蕉が訪れたあたりに「芭蕉の辻」の石碑があるようです。
回答プロセス
(Answering process)
調査資料1のp94には以下の記述があります。
「大町通が奥州街道と交差する地点は「芭蕉の辻」,またはその場所に高札が設置されたことから
「札の辻」ともよばれ,城下で最もにぎわう場所となった。」
調査資料2のp268-269に芭蕉の辻の項があり,以下の記述があります。
「(前略)名の由来は古く芭蕉が植わっていたためともいう(封内風土記)。また
藩祖政宗の代に伊達(現福島県)より御供をした芭蕉という虚無僧に四辻を
与えたためとも伝えるが,この僧は戦国期に乱破(間諜)として仕えたという
(「観蹟聞老志」など)。」
調査資料3の仙台の項,p52には以下の記述があります。
「芭蕉の辻は,俳人芭蕉とは全く関係がない。その由来については諸説あり,
政宗のころ既に定着していた。別名,札の辻ともいわれた。」
同資料の金沢の項,p122には以下の記述があります。
「繁華街,片町二丁目のスクランブル交差点に「芭蕉の辻」の石標が立つが,
小さくて目立たない。」
事前調査事項
(Preliminary research)
国語で松尾芭蕉について学んだ。本校所蔵の下記資料を見たが,今一つはっきりしなかった。
仙台あちらこちら 佐々久 宝文堂 1982
NDC
詩歌  (911)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 仙台市史 通史編3近世1 仙台市史編さん委員会 仙台市 2001
調査資料2 宮城県の地名 平凡社地方資料センター 平凡社 1987
調査資料3 おくのほそ道三百年 河北新報編集局 河北新報社 1988
キーワード
(Keywords)
奥の細道
松尾芭蕉
宮城県仙台市
石川県金沢市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000182269解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!