このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179723
提供館
(Library)
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)情報ライブラリー (4110001)管理番号
(Control number)
DAWN270930
事例作成日
(Creation date)
2015年09月10日登録日時
(Registration date)
2015年09月12日 14時37分更新日時
(Last update)
2015年11月21日 12時39分
質問
(Question)
結婚を期に退職する人と出産きっかけに退職する人はどちらが多いか。参考になる資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
ドーンセンター情報ライブラリーの資料を検索し、下記資料を紹介した。

・『男女共同参画会議 基本問題・影響調査専門調査会報告書:女性が活躍できる経済社会の構築に向けて』内閣府男女共同参画局編 内閣府男女共同参画局(2012)
P71図表45 「就業構造基本調査」(総務省、平成19年)より作成した、離職し現在無職の人の離職理由を示す図を掲載。「結婚のため」、「育児のため」離職した人の割合を比較できる。

・『少子化社会対策白書 平成27年版』内閣府編(2015)
P17 妊娠・出産前後に退職した理由について、「約4分の1が仕事を続けたかったが、仕事と育児の両立が難しいという理由で仕事をやめている」ことがわかる。結婚と仕事の継続については記載されていない。

・『男女共同参画白書 平成27年版』内閣府男女共同参画局編(2015)
P60 「6割以上の女性が出産を機に離職する傾向」があることは記述されているが、結婚を機に離職する割合との比較はない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
労働経済.労働問題  (366 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
結婚
出産
職場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
該当する資料の紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000179723解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!