このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175248
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000021722
事例作成日
(Creation date)
2015/04/29登録日時
(Registration date)
2015年05月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年06月17日 10時04分
質問
(Question)
化石ができるときの様子について、幼稚園児にわかる本はあるか。
回答
(Answer)
子どもの本の、大昔の生物(457)の棚、知識の絵本の棚を探す。

『かせき しぜん キンダーブック 第23集第10編』(フレーベル館)に、「かせきができるまで」の項目がある。
恐竜が死んだあと土に埋もれ、骨が石のようになって発見されるまでを簡単に絵で描いている。このほか発掘の様子の写真もある。

『恐竜をほりだす』(佑学社)p13にも、同様の簡単な図で化石のできかたがある。

『日本列島大地まるごと大研究 5 化石の大研究』(ポプラ社)は小学校中学年以上向けの本だが、p8「化石はどこでできる?」に「地層と化石のできかた」の図があり、小さい絵ではあるが、水中で生物が埋まり地層ができるときの様子がわかる。

『なぞにせまる! 化石・恐竜の大研究』(PHP研究所)p18-19「生物はどうやって化石になるの?」にも、動物が化石になるまでの大きな絵の図がある。こちらも小学校中学年以上向け。

『足跡からわかる恐竜の生活 子供の科学サイエンスブックス』(誠文堂新光社)p22「足跡化石ができるまで」に、足跡の化石が残る条件について図がある。高学年以上向け。

『ティラノサウルス』(金の星社)p48-49「太古と現代をつなぐ化石」にも化石ができるまでの絵がある。解説文は字が細かく、中学生以上向け(ふりがなあり)

このほか、下記の本の内容を確認したが、化石の発掘の様子が載っているものはあるものの、化石のできかたについての記載はなかった。

(以下、大昔の生物についての児童書)
『生命38億年大図鑑 絶滅と進化がよくわかる!』(PHP研究所)
『きょうりゅうたち』(文化出版局)
『化石はなぜおもしろい』(さえら書房)
(以下は絵本)
『化石をみつけた少女 メアリー・アニング物語』(評論社)
『きょうりゅうスーのひみつ』(世界文化社)
『恐竜の谷 小さな恐竜親子の物語』(こぐま社)
『バーナムの骨 ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語』(光村教育図書)
『けがをした恐竜 化石が語るティラノサウルスの話』(こぐま社)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
古生物学.化石  (457 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
恐竜
化石
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
小学生以下
登録番号
(Registration number)
1000175248解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!