このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000161616
提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
千県西-2014-12
事例作成日
(Creation date)
2014年07月04日登録日時
(Registration date)
2014年10月30日 17時37分更新日時
(Last update)
2014年11月03日 12時16分
質問
(Question)
「群子の世に屯蹇するに至る」の出典となる原文と現代語訳を探している。
回答
(Answer)
【資料1】『大漢和辞典 巻4 寸部……心部』(諸橋轍次著 大修館書店 1984)によると「群子の世に屯蹇するに至る」の出典は『晋陽秋』です。

県立図書館所蔵資料では『晋陽秋』が収録されているものは見つかりませんでした。
web上では以下のサイトで閲覧できます。
「中国哲学書電子化計画」( http://ctext.org/zh )内に
テキストデータ「晉陽秋」があり、全文検索できます。
画像では「晉紀輯本+晉陽秋輯本」119コマ目に該当句があります。

現代語訳については、『世説新語』の中で『晋陽秋』の該当部分を引用している箇所があり、現代語訳も掲載されています。
【資料2】『新釈漢文大系 78 世説新語 下』(明治書院 1978)p.853で確認することができます。

(インターネットの最終アクセス:2014年8月27日)
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】『大漢和辞典 巻4 寸部……心部』(諸橋轍次著 大修館書店 1984)p.178
「屯」の項に「屯蹇」があり、"至于羣子屯蹇於世"とある。出典として『晉陽秋』をあげている。

当館OPACで「全項目:晉陽秋」ヒットなし
NDLサーチで「晉陽秋」8件いずれも中国語書籍

「中國哲學書電子化計劃」( http://ctext.org/zh
左フレームの「書名検索」を「陽秋」で検索する(旧字体でしかヒットしないため)と、「晉陽秋」( http://ctext.org/wiki.pl?if=gb&res=586667 )がヒットする。
テキスト化されていて全文検索もできる。
該当部分に「世説賢媛第十九 注」ともある。

「世説賢媛」をGoogleで検索すると、『世説新語』に「賢媛」が収録されているようなので、当館所蔵【資料2】『新釈漢文大系 78 世説新語 下』(明治書院 1978)を確認する。
"晋陽秋曰~"として『晋陽秋』から引用している。現代語訳も併記。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国思想.中国哲学  (122 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『大漢和辞典 巻4 寸部……心部』(諸橋轍次著 大修館書店 1984)(1100069958)
【資料2】『新釈漢文大系 78 世説新語』(明治書院 1978)(1100291691)
キーワード
(Keywords)
中国哲学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000161616解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!