このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160543
提供館
(Library)
龍谷大学図書館 (3310086)管理番号
(Control number)
RS2014009
事例作成日
(Creation date)
2014年06月30日登録日時
(Registration date)
2014年10月03日 13時11分更新日時
(Last update)
2015年03月09日 10時58分
質問
(Question)
最低賃金法が制定された1959年~2002年(昭和34年~平成14年)の最低賃金(全国平均)の金額を知りたい。
回答
(Answer)
厚生労働省HPにて1978年~2013年度までの最低賃金の推移および加重平均額を確認可能です。
以下のURLより、PDFファイルにてご覧いただけます。(2014/6/30 アクセス)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000048569.pdf

それ以前は現在のような方法で運用されていたわけではないため、全国平均を算出していないようです。
新聞事検索データベースにて、この期間の記事検索すると関連する記事がいくつかヒットします。
全国平均を求めることは難しいですが、その時点での最低賃金が、いくらに決定したかを報じる記事は確認できます。

最低賃金が決定されると、官報で告示されます。
当館契約のデータベースで過去の官報を検索・閲覧できるので、ここで過去の最低賃金の価格を調べることも可能です。
回答プロセス
(Answering process)
◇1959(昭和34)年から1971(昭和46)年までの情報について
各年の詳細な数値が掲載されているわけではありませんが、
この年代の実情および数値に関しまして、以下の文献を参考にいたしました。

藤縄正勝. 日本の最低賃金. 日刊労働通信社. 1972., 861p
(深草図書館所蔵)
http://rwave.lib.ryukoku.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=BB20060641&key=B140427849616054&start=1&srmode=0

中村智一郎. 日本の最低賃金制と社会保障. 白桃書房. 2000., viii, 338p
(瀬田・深草図書館所蔵)
http://rwave.lib.ryukoku.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=BB21126086&key=B140427959618073&start=1&srmode=0
事前調査事項
(Preliminary research)
最低賃金決定要覧 / 労働省労働基準局賃金福祉部賃金課編
昭和56年度版 - 平成26年度版. - 東京 : 労働法令協会 , 1982-.
NDC
労働経済.労働問題  (366)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
2001(平成13)年度までは、最低賃金を日額と時間額で算出していましたが、2002(平成14)年度からは時間額のみの表記に一本化された関係で日額と時間額が混在しています。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000160543解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!