このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000154767
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00762
事例作成日
(Creation date)
2013年11月16日登録日時
(Registration date)
2014年06月20日 17時07分更新日時
(Last update)
2015年03月25日 15時08分
質問
(Question)
第二次大戦後、英国が植民地から引き上げる際、どういう経過を経て戻ってきたのか。
(日本は満州などから引き上げる際、ひどい目にあっているが英国はどうだったのか。日本とは状況が違っていたのならその理由は?)
回答
(Answer)
参考になりそうな以下の資料を提供した。

『インド植民地官僚』 本田 毅彦/著 講談社 2001 
p198~ 結論 の最初の行
インドは両大戦期既にイギリスのコントロールから実質的自立を達成しつつあり、インドに課されてきたイギリスのための負担がかなり削減された、イギリス人もそういう変化に敵対的でなかった…といった内容の記述がある。

p201 インド国民会議派は効率的で中央集権化されたイギリスの統治システムを変更することなく継承することを望んでいた、インド植民地官僚制度の規範はインド独立時点をはるかに超え継承することになった…といった内容の記述がある。

『大英帝国インド総督列伝』 浜渦 哲雄/著 中央公論新社 1999
p190-197 インド統治の幕引きをした王族総督―マウントバッテン

『英国紳士の植民地統治』 浜渦 哲雄/著 中央公論社 1991
イギリスは、常に専門の高等教育を受けた優秀な人材を植民地に派遣しつづけた。このことが、高水準な安定統治を可能にしたの理由となり、植民地から撤退後の独立国同士の関係にも深く影響している。…といった内容の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
インド  (225)
行政  (317)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000154767解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!