このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143579
提供館
(Library)
愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2110019)管理番号
(Control number)
愛知県図-03256
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2014年01月16日 10時43分更新日時
(Last update)
2015年03月29日 15時44分
質問
(Question)
『金城温古録』を父の後を引き継いで編集した奥村定について知りたい
回答
(Answer)
資料1 名古屋市博物館の企画展「名古屋城を記録せよ!名古屋城百科『金城温古録』の誕生」の図録であり、内容は『金城温古録』と、編纂者奥村得義・定親子の足跡を紹介している。p5『金城温古録(きんじょうおんころく)』とは、尾張藩士・奥村得義(かつよし)(1793~1862)とその養子・定(さだめ)(1836~1918)が編集した10編64巻におよぶ名古屋城の百科事典」との記述があります。p2,6,34,38に定についての記述があり、p47に奥村家系図,p50に徳厚録の写真と解説、p,53~59「第3章 三つの『金城温古録』に[奥村定と金城温古録]の項があります。それによると、奥村定(友次郎、のち定兵衛、維新後、定を名乗る。諱は儔次)は、大宮家から8歳で奥村家の養子となり、10歳で掃除中間頭務方見習を命ぜられて以来、藩務とともに『金城温古録』の編纂でも得義の助手を務めました。

得義没後は、家督相続とともに掃除中間頭に任命され、『金城温古録』編纂の継続も命ぜられたが、明治維新によって中断を余儀なくされました。
維新後、区や県の公職や会社の設立などにかかわった定は、晩年に再び『金城温古録』の編纂を開始。
明治35年(1902)『金城温古録』を完成させ、未納分の清書本を尾張徳川家に納入したことが記載され、ほかに藩士名寄、奥村定肖像写真、履歴書、 定による資料の写真-御深井御用水江程全図、王政復古公私筆記、徳川家家礼書状、内願書、敬公年表、徳川邸宛書付等の写真が掲載されています。

[奥村定と名古屋市史の編纂]の項では、定は明治41年(1908)から名古屋市史編纂部に勤務し、編纂に携わり、数多くの奥村家の蔵書を提供し、とくに『金城温古録』は、家蔵本をもとに定が筆耕・校合・装丁を指導し、明治42年一部改訂を加えた新しい『金城温古録』を完成させたとの解説とともに、写真-奥村定覚書、名古屋町名沿革、市史編纂賛助員辞令、名古屋三之丸県置沿革が掲載されています。
p60には[奥村得義、奥村定履歴一覧]が掲載されています。

資料2 p1~29「解説」山田秋衛、p5に記述があり、p,10-12に「奥村氏家系」、p13~16の「奥村得義略年譜」に記載があり、p17~の「奥村家年譜志料」のp19、26、27、28、29に記載されています。

資料3 写真版(3)に奥村友次郎(得義の息)の勤め書き、稿本藩士名寄(蓬左文庫蔵)内の写真が掲載されています。p1~5「解説」山田秋衛、p4~5に勤め書きが記載されています。

資料4  『新修 名古屋市史』第10巻 年表/索引のp276に「奥村定…⑤235」と記載されています。資料5のp235には、「21年8月、発起人として新たに旧藩士総代中より三浦恵民・若松甚九郎・奥村定の三名が発起人に加わり、同日発起人14名で役員選挙が開かれた。」とあり、これは明治21年名古屋電燈会社に関わる記載です。

資料5 細野要斎の「葎の滴」と題する随筆の中の一篇「感興漫筆」中にp363 「勤書」、p387「奥村儔次より電覧雑誌を贈らる」の項があります。

資料6 p375に「奥村友次郎がしるして贈れる一紙、画工玉渓の小伝、如左」と記載されています。

資料7 p58に「尾張分限帳 明治二年訂正」の総説の中で、「旧名古屋市史編纂係である奥村定が、市史編さん資料として、養父奥村得義(徳義)家に伝わった本を謄写し、明治45年 (1912)4月26日に校了した帳冊である。」と記載があります。
回答プロセス
(Answering process)
①OPACでフルテキストで「奥村定」で検索したが、ヒットしなかった。
②次の資料で「奥村定」で調べたが項目がなかった。
  『名古屋市史』人物編(名古屋市役所編 昭和9)索引編
  『名古屋市史』索引
  『尾張著述家綜覧』(太田正弘編 昭59 資料コード:1108794605)p64に奥村徳義(得義)の項、備考に「定はその養子」とのみ記述。
  『明治の名古屋人』(名古屋市教育委員会編 昭和44)
③OPACで「金城温古録」で検索した結果ヒットした資料を調べた結果、回答のとおり記載があった。

④『名古屋叢書 索引 附・総目録』(資料コード:1109624842)のp49には「奥村儔次 21・387」、「奥村友次郎 20・375 21・362」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289)
日本の建築  (521)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】名古屋市博物館/編集 , 名古屋市博物館. 名古屋城を記録せよ! : 名古屋城百科『金城温古録』の誕生. 名古屋市博物館, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I000449255-00  (1109540878)
【資料2】名古屋市教育委員会 編 , 名古屋市教育委員会. 名古屋叢書 続編 第13巻. 名古屋市教育委員会, 1965.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001442591-00  (1101475405)
【資料3】名古屋市教育委員会 編 , 名古屋市教育委員会. 名古屋叢書 続編 第15巻. 名古屋市教育委員会, 1967.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001442593-00  (1101475423)
【資料4】新修名古屋市史編集委員会 編 , 名古屋市. 新修名古屋市史 第5巻. 名古屋市, 2000.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002937641-00  (1107900937)
【資料5】名古屋市教育委員会/編集 , 名古屋市教育委員会. 名古屋叢書 [正編] 第21巻. 名古屋市教育委員会, 1961.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011870982-00  (1101476117)
【資料6】名古屋市教育委員会/編集 , 名古屋市教育委員会. 名古屋叢書 [正編] 第20巻. 名古屋市教育委員会, 1961.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011870981-00  (1101476108)
【資料7】新修名古屋市史資料編編集委員会 編 , 名古屋市. 新修名古屋市史 資料編 近世 1. 名古屋市, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008569891-00 , ISBN 9784903305011 (1109200956)
キーワード
(Keywords)
奥村定
奥村友次郎
奥村儔次
金城温古録
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000143579解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!