このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000140071
提供館
(Library)
茨城県立歴史館(閲覧室) (5000004)管理番号
(Control number)
茨歴閲2013049
事例作成日
(Creation date)
2013年10月25日登録日時
(Registration date)
2013年11月06日 17時24分更新日時
(Last update)
2014年04月06日 14時21分
質問
(Question)
(小学生)日立の大煙突,関右馬允(せきうまのじょう,煙害問題に関する住民側代表)に関する資料を探している。写真もほしい。
回答
(Answer)
大煙突や煙害問題の概要については,『史料で探る茨城の歴史』や,「日立鉱山の大煙突」という特集を組んでいる『常陽藝文 1988年4月号』に,わかりやすく書かれています。
より詳細に調べるには,史料や写真も収録されている『大煙突の記録』があります。
関右馬允が大煙突についてラジオで語っている『ふるさとの歴史-茨城放送“ラジオ県民室”から-』という資料もあります。

関右馬允の写真は,下記の資料に掲載されています。
 『常陽藝文 2013年11月号』,『入四間同志会略史』,『常北之山水』(改訂5版,1951)

大煙突の写真は,下記の資料をご覧ください。
 『大煙突の記録』,『史料で探る茨城の歴史』,『〔日立鉱山・日立工場絵はがき〕』,『茨城の歴史 県北編』,『日立鉱山史』
回答プロセス
(Answering process)
(1)地元の図書館で紹介された2冊が詳しいが,それ以外の資料とのことだったので,書架にて関連しそうな図書を確認し提供。
△『続篇 煙害問題昔話』
  ※『煙害問題昔話』の読後感想文等をまとめた部分と,追録部分あり。
    写真なし。  
△『新修日立市史 下巻』
  pp.294-299 「煙害と地域」
   ※写真なし。関右馬允の名は出てくるが,概説的。
△『図説日立市史』
  pp.173-174 「煙害問題をめぐって」
   ※同上。
△『茨城の歴史 県北編』
  pp.239-242 「日立鉱山と煙害問題」
   ※関右馬允の写真はなし。建設中の大煙突の写真あり。

(2)当館DB及び茨城県立図書館OPACを検索(検索語:関右馬允,鉱山)
○『入四間同志会略史』
   ※大正6年の旅行時の集合写真に関右馬允もいる。
○『常北之山水』(改訂5版,1951)
   ※写真あり。
○『日立鉱山史』
  pp.135-150 「大煙突の建設」
   ※関右馬允の写真はなし。建設中の大煙突の写真あり。
○『ふるさとの歴史-茨城放送“ラジオ県民室”から-』
   ※昭和43.4~昭和44.3に放送された対談の活字化。
     写真なし。比較的読みやすい。
  pp.66-67 「東洋一の大煙突(関右馬允)」

(3)関右馬允の子孫である「関哲雄家所蔵煙害関係史料」目録より関連しそうな史料を探してもらう。
  ⇒「煙害調査記録」はあるが,原本ではなく写真版で公開(撮影・複写不可)。
   関右馬允の写真は見つからず。

(4)大煙突の使用開始が大正4.3ということなので,その前後の新聞から記事を探る。
   ⇒大煙突そのものについての記事はなし。

(5)近隣の学校が使用開始時の記録を残しているのではないかと考え,「教育資料」目録と『「茨城教育」表題総目録』を確認。
×『茨城教育 第370号』(大正4.3)
  pp.55-56 「世界一の大煙突」(多賀郡日立鉱山尋常高等小学校訓導・友部幸之助)
    ※概要の説明。写真なし。旧仮名遣いなので読みにくい。


【2013/11/06追記】 
(6)新規受入時に発見。 ⇒ 質問者へ電話にて連絡。
◎『常陽藝文』2013年11月号
 藝文風土記:関右馬允の記録を辿る
   ※関右馬允の写真あり。
     本号自体は,巨樹老木や自然探訪・旅行記等関が撮影した写真記録が中心。
     同号より1888年4月号にも特集ありとのこと。
        ↓
◎『常陽藝文』1988年 4月号
 藝文風土記:日立鉱山の大煙突
   ※関右馬允の写真なし。
     大煙突完成までの試行錯誤や,その後の鉱山側・住民側の努力について記述あり。
     写真も多く,多少はよみも振られているので,読みやすい。

(7)検索語を「大煙突」にすると資料が多くヒットする。
茨城県立図書館OPACで検索すると20件がヒット。 [last access 2013/11/07]
『茨城県道徳教育用中学校郷土資料集』や『『太田一高生の調べた郷土の生活と歴史』等は,読みやすいと思われる。
  →【2013/11/30追記】上記2冊を確認したところ,久原房之助について書かれたもので関右馬允の名前は出てこない。

◎『大煙突の記録』
  ※赤沢銅山時代(佐竹領・水戸領時代)から,平成5年の倒壊,記念碑建設までの記録をまとめたもの。
    子ども向けの資料ではないが,写真や史料も収録されており,比較的読みやすい。
  pp.40-89 「煙害の発生と補償交渉」
   ※p.60に関右馬允の写真あり。
  pp.90-137 「大煙突の建設」
   ※建築中の写真や,初めて煙を吹き上げた大煙突,足場の前での記念撮影等写真あり。

○『史料で探る茨城の歴史』
  pp.64-65 「日立鉱山の煙害問題と大煙突」
   ※見開き2頁でまとめられている。よみも振られていてわかりやすい。
     関右馬允の写真はなし。煙突の写真はあり。(←『〔日立鉱山・日立工場絵はがき〕』)
事前調査事項
(Preliminary research)
地元の市立図書館にて,『ある町の高い煙突』と『日立鉱山煙害問題昔話』を紹介されたが,小学生には少し難しい。
関右馬允氏の子孫に確認したところ,歴史館に煙害関係の資料を預けている旨紹介された。
NDC
関東地方  (213 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
茨城県高等学校教育研究会歴史部 編. 史料で探る茨城の歴史. 山川出版社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007615478-00 , ISBN 463459370X (当館請求記号 K210.1/38)
常陽藝文 1988年4月号(藝文風土記:日立鉱山の大煙突). 常陽藝文センター, 1988. (当館請求記号 ZK/101/88)
ジャパンエナジー, 日鉱金属株式会社 [編]. 大煙突の記録 : 日立鉱山煙害対策史. ジャパンエナジー, 1994.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002322794-00  (当館請求記号 K560/13)
茨城県県民室 編. ふるさとの歴史 : 茨城放送“ラジオ県民室”から. 茨城県県民室, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015981055-00  (当館請求記号 K210.1/12)
常陽藝文 2013年11月号(藝文風土記:関右馬允の記録を辿る). 常陽藝文センター, 2013. (当館請求記号 ZK/101/013)
関 右馬允 編. 明治百年史青年会回顧入四間同志会略史. 関右馬允, 1968.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015998511-00  (当館請求記号 K210.6/16)
関 右馬允 著. 常北之山水 改訂. 高和書店, 1951.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I015998468-00  (当館請求記号 K290.2/32/(2))
〔日立鉱山・日立工場絵はがき〕. (当館請求記号 K560/16)
茨城地方史研究会 編. 茨城の歴史 県北編. 茨城新聞社, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003573655-00 , ISBN 4872731565 (当館請求記号 K210.1/32/1)
嘉屋実 編. 日立鉱山史. 日本鉱業日立鉱業所, 1952.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000906572-00  (当館請求記号 K560/1)
キーワード
(Keywords)
関右馬允(せき うまのじょう)
日立大煙突
日立鉱山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000140071解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!