このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
札幌市中央図書館 (2210002)管理番号
(Control number)
レファ演82
事例作成日
(Creation date)
20120701登録日時
(Registration date)
2013年10月25日 19時24分更新日時
(Last update)
2014年02月08日 14時51分
質問
(Question)
今世界で一番使われている図書分類法は何か。
またその22版の中で「598.47」という分類は日本のNDC9版では何番になるか。
回答
(Answer)
下記情報を提供する。

・世界で一番使われている図書分類は「デューイ十進分類法(Dewey Decimal Classification)」
・22版の「598.47」はNDC9版では「488.66」
回答プロセス
(Answering process)
図書の分類ということなので、
図書館学の資料より『資料組織概説』(田窪直規/共著、樹村房、2007)や『資料組織概説 分類編』(理想社、1998)の図書分類についての項目を見るとデューイ十進分類法であることがわかる。念のため『図書館用語辞典』(角川書店、1982)を見ると、デューイの項目にも世界で最も普及しているとの記載あり。

次に業務端末で「Dewey Decimal Classification」を検索語として検索。
Dewey Decimal Classification A study manual and number building guide 22nd.』(Libraries Unlimited、2005)
がヒット。ここで「598.47」を探すと該当する項目が無い。この資料は21版から22版にかけて変更になった項目のみが収載されている。

Dewey Decimal Classification and relative index volume2 Schedules 000-599 21nd.』で確認すると、598.47は「Sphenisciform(penguins)」とあり。辞書で調べるとペンギン目と判明する。

あとはNDC分類で該当項目を調査し、488.66とわかる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
情報資源の収集・組織化・保存  (014 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書分類
DDC
NDC
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
係内演習 図書館
登録番号
(Registration number)
1000139532解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!