このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139305
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131021-15
事例作成日
(Creation date)
2013年10月21日登録日時
(Registration date)
2013年10月21日 22時26分更新日時
(Last update)
2013年10月22日 12時37分
質問
(Question)
王夫之について知りたい。
回答
(Answer)
王夫之 【おうふし】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E5%A4%AB%E4%B9%8B (2013/10/21確認)
世界大百科事典 第2版の解説
おうふし【王夫之 Wáng Fū zhī】 1619‐92
中国,明末から清初の思想家。湖南省衡陽県の人。字は而農(じのう),号は薑斎(きようさい)。晩年,衡陽の石船山に隠棲したので,王船山の名でも知られる。明の崇禎15年(1642)の挙人。清軍の侵入により南京が陥れられ,彼の郷里も占領されると,衡山で挙兵して敗れ,いったん肇慶(ちようけい)に逃れた明王室の桂王の行在におもむいた。しかし廷臣の内紛に絶望し,1651年(永暦5),家族とともに郷里に帰り,以後はもっぱら学問と著述にふけった。

デジタル大辞泉
おう‐ふうし 〔ワウ‐〕 【王夫之】
[1619~1692]中国、明末・清初の思想家。衡陽(湖南省)の人。字(あざな)は而農(じのう)。号は薑斎(きょうさい)。船山先生と称された。清軍の南下に抵抗したが、のちに隠退して学問著述に専心、各方面にわたる研究を残した。その強い民族思想や、独自の気の思想は、後世に大きな影響を及ぼした。著「周易外伝」「張子正蒙注」など。

大辞林 第三版
おうふうし【王夫之】
(1619~1692) 中国,明末・清初の学者・思想家。字(あざな)は而農(じのう),号は薑斎(きようさい)。通称,船山先生。明の遺老(いろう)として隠棲,経史・文学などの著作を著し,陸象山・王陽明の学を否定して朱子学を批判的に継承。その華夷(かい)思想は,清末の排満革命思想に影響を与えた。文集「王船山遺書」

中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.89 おうふうし 【王夫之】

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.54 おうふし 【王夫之】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中世思想.近代思想  (125 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
王船山詩文集 : 修羅の夢 / 高田淳編訳 東京 : 平凡社 , 1981 (東洋文庫 ; 393) 9784256803936
キーワード
(Keywords)
王夫之 おうふし おうふうし
王船山 おうせんざん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!