このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H25-025
事例作成日
(Creation date)
2013年06月20日登録日時
(Registration date)
2013年10月16日 18時25分更新日時
(Last update)
2013年10月16日 18時26分
質問
(Question)
「スズメノコ ソコノケ ソコノケ オウマガ トオル」
上記の小林一茶の句の「トオル」の箇所は、原句ではどういった表記がされているのか知りたい。
回答
(Answer)
「トオル」の箇所は、「通る」と表記されているものが多い。
また、「通る」は旧仮名遣いでは「トホル」と読まれる。
回答プロセス
(Answering process)

小林一茶に関連した棚をブラウジングし、次の資料を確認した。

①『一茶集』 創美社/編 集英社 1970 (自館請求記号:911.308)
発句編のp161に「雀の子 そこのけへ(くの字点[踊り字])御馬が通る」、出典の項に「八番日記、おらが春 文政版句集」と記述されていた。
選集編のp680に、上の記述と同様のものが見つかった。p12にある解説の中で、選集編について「本編では、それらの自筆本もしくは刊本に拠って、正確な本文の掲出に努め…(中略)欄外注記や句点・丸点の類もそのままに記し(以下略)」とある。
②『小林一茶』 丸山一彦/著 桜楓社 1986 (自館請求記号:911.35/コバヤ)
p93に、「雀の子そこのけそこのけ御馬が通る」と記述されていた。①の資料のようにくの字点は使われていないが「通る」と表記されていた。
 『一茶事典』 松尾靖秋/編 おうふう 1995 (自館請求記号:R911.3)
①の資料と同様の記述があった。
 『一茶大事典』 矢羽勝幸/著 大修館書店 1993 (自館請求記号:R911.3)
①の資料と同様の記述があった。

ひらがなの当時の読み方及び書き方に関する棚をブラウジングし、次の資料を確認した。
③『かな墨場必携 俳句編』 植村和堂/編 二玄社 1999 (自館請求記号:728)
p70に「雀の子 そこのけ そこのけ 御馬が通る」とあり、「通る」の箇所には「とほる」とルビが付いている。
また、p6の凡例に「漢字はすべて新字を使用し、仮名は歴史的仮名遣いとした。難字や読み誤りがちな文字についてはルビを付した」とある。

オンラインデータベース ジャパンナレッジプラス( http://www.jkn21.com/top/corpdisplay 2013/06/20 最終確認)でキーワード“歴史的仮名遣い”で検索した結果、次の情報がヒットした。
・歴史的仮名遣い→ 仮名遣い
”歴史的仮名遣い”, 日本大百科全書(ニッポニカ), ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先< http://www.jkn21.com>, (参照 2013-06-23)

市内OPACでキーワード“キュウカナ”で検索した結果、次の資料を含む6件がヒットした。
④『旧字旧かな入門』 府川充男/著 柏書房 2001 (自館請求記号:811.2)
p82に、通、遠いなど、すべて「とほ」(大概)とある。
⑤『全訳全解古語辞典』 山口尭二/編 文英堂 2004 (自館請求記号:R813.6)
p12から歴史的仮名遣い一覧が収録されており、p15に「通る とほる」と記述されている。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
『一茶集』 創美社/編 集英社 1970 (自館請求記号:911.308)
『小林一茶』 丸山一彦/著 桜楓社 1986 (自館請求記号:911.35 コバヤ)
『かな墨場必携 俳句編』 植村和堂/編 二玄社 1999 (自館請求記号:728)
キーワード
(Keywords)
小林一茶
旧かな遣い
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000138780解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!