このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000137410
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2013-024
事例作成日
(Creation date)
2013年04月11日登録日時
(Registration date)
2013年09月20日 18時32分更新日時
(Last update)
2013年11月20日 18時48分
質問
(Question)
大宮の清河寺と万年寺の石高が載っている資料を探している。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
1.清河寺
『埼玉史料辞典』(埼玉新聞社 1968)の「埼玉県内における寺社領」に「清河寺領 清河寺村 5石」とあり。
『大宮市史 3 上 近世編』(大宮市 1977)「第8表 市域における朱印地を寄進された寺社」に「清河寺 臨済宗 清河寺村 五石 天正十九・十一 朱印状(写)」とあり。
2.万年寺
『埼玉史料辞典』に「万年寺領 片柳村 20石」とあり。
『萬年寺 大宮 さきたま文庫49』(田口勝一文・写真 さきたま出版会 1996)「天正十八年(1590)江戸に入府した徳川家康は、翌十九年に有力な寺院に領地の安堵を示した朱印状を出し、萬年寺は20石の寺領を得た。(以下略)」
『大宮市史 3 上 近世編』(大宮市 1977)
[万年寺 曹洞宗 片柳村 20石 天正十九・十一 同寺古文書]とあり。
p91-93「次に万年寺の朱印状拝領の時期については、「新記」では慶長年中とし、「埼玉県史」では慶長19年(1614)としているが、これらはいずれも誤りである。万年寺古文書によれば、その拝領時期は他の由緒ある寺社と同様天正19年11月で、片柳村の内に20石を受けている。(以下略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉史料辞典』(埼玉新聞社 1968)
『大宮市史 3 上 近世編』(大宮市 1977)
『萬年寺』(田口勝一文・写真 さきたま出版会 1996), ISBN 4-87891-249-9
キーワード
(Keywords)
清河寺(さいたま市)
万年寺(さいたま市)
さいたま市-寺院
石高
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000137410解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!