このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133798
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2013-012
事例作成日
(Creation date)
2013年04月03日登録日時
(Registration date)
2013年07月17日 16時28分更新日時
(Last update)
2013年09月06日 14時19分
質問
(Question)
旧永田村の滝之渡について知りたい。『武蔵國郡村誌 10』p101に滝之渡について29文字の説明があるが、これより詳しい資料がみたい。
回答
(Answer)
以下の資料に、滝之渡についての記述があり提供した。
『荒川の水運 歴史の道調査報告集7』
 p35「四十 瀧の渡し」に「瀧の渡しは、榛沢郡永田村字瀧(現花園町)と男衾郡畠山村字如意(現川本町)を結び、永田側に不動尊が祀られているので不動の渡しとも呼ばれた。」とあり。『新編武蔵風土記稿』と『武蔵國郡村誌』の引用あり。
『新編武蔵風土記稿8』
 p155‐156に『荒川の水運 歴史の道調査報告集 7』で引用されていた図および全文である4行あり。

『川本町史 通史編』
 p386の「町域の渡船場」という表に「滝ノ渡」あり。出典は『新編武蔵風土記稿』および『武蔵國郡村誌』とあり。
回答プロセス
(Answering process)
『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』(角川書店 1980)
 〈滝之渡〉は、記述なし。
 p619「ながた 永田〈花園村〉」の項はあるが、「滝之渡」についてはなし。
 p1214-1218「花園村」の項はあるが、「滝之渡」についてはなし。

  
調査済み資料
『埼玉大百科事典 3』(埼玉新聞社 1974)
『埼玉大百科事典 4』(埼玉新聞社 1975)
『花園村郷土誌 花園町郷土資料1』(大里郡教育会編 花園町教育委員会 1997)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:『武蔵國郡村誌 10』(埼玉県編 埼玉県立図書館 1954)
NDC
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編武蔵風土記稿 8』(林述斎編 歴史図書社 1969)
『荒川の水運 歴史の道調査報告集7』(埼玉県立さきたま資料館編 埼玉県教育委員会 1987)
『川本町史 通史編』(川本町 1989)
キーワード
(Keywords)
滝之渡
永田村
畠山村
荒川
水運
深谷市-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『大日本地誌大系 17 新編武蔵風土記稿 第11巻』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)p272-273にも、「滝ノ渡し」の記述あり。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000133798解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!