このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立K2012-22
事例作成日
(Creation date)
2012年04月24日登録日時
(Registration date)
2012年07月24日 11時19分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 17時42分
質問
(Question)
高知県立図書館所蔵の「才谷屋文書」と呼ばれる史料群のうち「順水日記」と呼ばれるものを寄贈したのは誰か。
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

宍戸茂

●『日本都市生活史料集成 3(城下町篇 1)』 巻頭の「解題」に、「才谷屋文書」の解説があり、ここに寄贈者について記述があります。(pp.23~26)。
「坂本源三郎の養女宍戸茂女史のもとに保管されていたもの」「宍戸女史の実兄片岡光清氏を通じて高知県立図書館に寄贈され、現在同図書館の所蔵となっている」
(解題の執筆者は、山本大)
また、p.471~「才谷屋記録」として、順水日記を含む文書の翻刻が掲載されています。

●「〔研究ノート〕才谷屋のことなど」塩見薫/著、1959年
 pp.63~64に、寄贈者について、また、宍戸さんの語った言葉が記載されています。
「才谷屋文書の寄贈者は、片岡光清氏ではなく片岡氏の実妹、宍戸茂氏であること~・・・」

(※この資料は、奈良女子大学発行の雑誌『寧楽史苑』8号に掲載の同タイトル論文と同じと思われます。
しかし、現在のところ、当館では確認できておりません)

●『土佐史談』115号「坂本龍馬と私」(63p.~)宍戸茂/著
「「順水日記」というを見附けました。」「保存のつもりで、仏壇の曳出しに納め居り反つて焼失しました。」「何処にどうかくれていたものか焼け残り、其後生家の兄片岡光清の発案にて「高知図書館」に寄附致しました。」
回答プロセス
(Answering process)
・カード目録で「才谷屋文書」を引く。K289-サイ『才谷屋文書 順水日記』の所蔵有り。実物を確認すると、箱に寄贈番号「20241」と有り。台帳を見ると「片岡光清」となっている。                               
・OPACでキーワード「才谷屋」を検索する。「〔研究ノート〕才谷屋のことなど」『日本都市生活史料集成 3(城下町篇 1)』などがヒット。                                                          
・『土佐史談目録 1号~200号』の索引で、「才谷屋」「宍戸茂」を検索。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝記  (28)
参考資料
(Reference materials)
『日本都市生活史料集成 3(城下町篇 1)』学習研究社、1975年発行 (K289-サイ / 1102246731)
「坂本龍馬と私」宍戸茂著(『土佐史談』115号  昭和41年11月刊)
「〔研究ノート〕才谷屋のことなど」塩見薫著、1959年 (K288-176 / 1102238142)
キーワード
(Keywords)
才谷屋文書
順水日記
宍戸茂
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000109276解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!