このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108732
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B120527184613
事例作成日
(Creation date)
20120609登録日時
(Registration date)
2012年07月19日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年07月19日 15時32分
質問
(Question)
「マンゴーバター」の抽出・製造方法が詳しく載っている資料を探しています。(日本語以外の資料でも可。)
また、バターを抽出する過程で「マンゴーオイル」ができるようですが、バターとオイルの違いが分かる資料も探しています。
「マンゴーバター」は食用ではなく化粧品等の原料となるものを調べており、マンゴーの核(種子)からコールドプレス法で抽出されるようですが、詳しく記載のある資料は見つかりませんでした。
回答
(Answer)
ご照会の事項について回答します。(【  】内は当館請求記号です。)
当館所蔵資料等を調査したところ、マンゴーバター(Mango butter)の抽出方法について工程図とともに記述している特許(1)と、バターとオイルの違いについて記述している資料(2)が見つかりましたので、ご紹介します。どちらも日本語の資料ではなく、外国語の資料です。資料(2)は、当館以外の所蔵館を調べたところ、東京大学OPAC ( https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ )によると、農学生命科学図書館で所蔵しています。

(1)
Bibliographic data: IT1133077 (B) ― 1986-07-09
Mango butter extraction process
Inventor(s): MARTEAU ROBERT [FR] +
Applicant(s): MARTEAU ROBERT [FR] +
Classification: - international: A23L; (IPC1-7): A23L
Application number: IT19800067456 19800325
Priority number(s): IT19800067456 19800325
抄録によると、食用にも化粧品にも利用できるようです。
※特許本文は、Espacenet ( http://worldwide.espacenet.com/ )内の「Bibliographic data: IT1133077 (B)」
http://worldwide.espacenet.com/publicationDetails/biblio?FT=D&date=19860709&DB=EPODOC&locale=en_EP&CC=IT&NR=1133077B&KC=B&ND=4
から、画面左の「Original document」をクリックすると、閲覧が可能です。

(2)
『International cosmetic ingredient dictionary and handbook』(9th ed., 2002 editors, Renae Canterbery Pope, John A. Wenninger, Gerald N. McEwen, Jr. Cosmetic, Toiletry, and Fragrance Association, c2001 【YU111-B92】)
p.941に「MANGIFERA INDICA (MANGO) SEED BUTTER」と「MANGIFERA INDICA (MANGO) SEED OIL」の項目があり、定義、化学的分類、機能、別名等について記載されています。

[その他の調査済み資料・データベース]
・田中一光「新しい化粧品原料 植物由来の油性成分」(『油脂』 59(8) pp.50~53 2006 【Z17-257】)
・Kaustuv Bhattacharya, Vijai K. S. Shukla 「Mango Butter in Cosmetic Formulations」(『Cosmetics & Toiletries』 117(6) 2002.06 pp.65~70 【Z53-J233】)
・V.K.S. Shukla, K. Kragballe 「Exotic butters as cosmetic lipids」(『INFORM : International News on Fats, Oils and Related Materials』 9(5) 1998.05 pp.512~516 【Z54-H93】)
・「Exotic touches. Part2.」(『SPC : Soap, Perfumery & Cosmetics』 63(12) 1990.12 pp.41,43,45 【Z51-C45】)
・Shyam Gupta, Karl Booten 「Exotic Oils, Butters & Waxes」(『HAPPI : household and personal products industry』 42(8) 2005.08 pp.65~68 【Z54-E199】)
・P. Dinesh, V.R. Boghra, R.S. Sharma 「Effect of Antioxidant Principles Isolated from Mango (Mangifera indica L.) Seed Kernels on Oxidative Stability of Ghee (Butter fat)」(『Journal of Food Science and Technology』 37(1) 2000.01 pp.6~10 【Z53-X6】)
・Pitchaon Maisuthisakul, Michael H. Gordon 「Antioxidant and tyrosinase inhibitory activity of mango seed kernel by product」(『Food Chemistry』 117(2) 2009.11.15 pp.332~341 【Z54-A801】)
・NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・リサーチ・ナビ( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/
・JDreamII [当館契約データベース]
・Chemical Abstracts Web Edition [当館契約データベース]
・ProQuest Central [当館契約データベース]
・Science Direct [当館契約データベース]
・Web of Knowledge [当館契約データベース]
・CiNii Articles ( http://ci.nii.ac.jp/
・IPDL特許電子図書館 ( http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

インターネット・データベースの最終アクセス日は2012年6月6日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・「自然素材で手づくり!メイク&基礎化粧品」中村純子 学陽書房 2002
・「手作りの化粧水と美肌パック」折出恭子 成美堂 2005
・「やさしくできる手作り石けん入門」アン・ブラムソン 合同出版 1999
・「化粧品原料と製品技術」高橋雅夫 シーエムシー 2003
・「機能性化粧品の開発」高橋雅夫 シーエムシー 2000
・「トコトンやさしい化粧品の本」福井寛 日刊工業新聞社 2009
・「化粧品と美容の用語事典」竹村功 あむすく 2005
・「化粧品事典」日本化粧品技術者会 丸善 2003
・「香粧品製造学」Fragrance Journal編集部 フレグランスジャーナル社 2001
・「素肌にやさしい手づくり化粧品」境野米子 創森社 2005
・「化粧品成分事典」小沢王春 万 2003
・「園芸植物大事典2」小学館 1994
・「原色園芸植物大図鑑」北隆館 1984
・「原色樹木大図鑑」北隆館 1985
・「原色世界植物大図鑑」北隆館 1986
・「原色牧野和漢薬草大図鑑」北隆館 1988
・「花図鑑観葉植物・熱帯花木・サボテン・果樹」尾崎章 草土出版 2000
・「マンゴーの絵本」よねもとよしみ 農山漁村文化協会 2004
・「マンゴー」米本仁巳 農山漁村文化協会 2008
・「アロマテラピーコンプリートブック上」林伸光 BABジャパン出版局 2005
・「すべてがわかるアロマテラピー大事典」小泉美樹 永岡書店 2008
・「アロマテラピーのきほん事典」渡邊聡子 西東社 2010
・「アロマセラピーとマッサージオイルのためのキャリアオイル事典」レン・プライス 東京堂出版 2001
・「精油(エッセンシャルオイル)の化学」デイビッド・G.ウィリアムズ フレグランスンジャーナル社 2000
・「油化学便覧 第4版」日本油化学会 丸善 2001
・「栄養・生化学辞典」野口忠 朝倉書店 2002
・「油脂原料と搾油の技術」小潟充郎 産業総論 1948
・「油化学辞典」日本油化学会 丸善 2004
・「分離技術」相良紘 日刊工業新聞社 2008
NDC
油脂類  (576)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
マンゴーバター
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000108732解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!