このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106968
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000008096
事例作成日
(Creation date)
2012年04月04日登録日時
(Registration date)
2012年06月08日 14時26分更新日時
(Last update)
2012年06月08日 14時26分
質問
(Question)
中国の古代の兵法書「六韜(りくとう)・三略」の「六」「三」とは何か。
回答
(Answer)
「六韜」は文韜、武韜、竜韜、虎韜、豹韜、犬韜の六篇からなることによる。「韜」は弓袋(転じて、秘訣)という意味。また、「三略」は、上略、中略、下略の三篇からなることによる。「略」は機略という意味。
回答プロセス
(Answering process)
1.中国歴史事典を調査。
・『中国学芸大事典』(近藤春雄著 大修館書店 1980年)→p801「六韜三略」の項を見ると、「六韜は六巻。六[ママ]・武・龍・虎・豹・犬の六韜からなり、六十篇に分けている。韜は弓衣、または剣衣をいう」とある。またp280の「三略」の項を見ると「上略・中略・下略にわかれているのでいう。…「略」ははかりごとの意」とある。
・『中国史籍解題辞典』(神田信夫編 燎原書店 1989年)→p336-337の「六韜」の項には「「韜」は弓袋の意で、「文韜」「武韜」「龍韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」が一巻づつになっている」とある。また、p126の「三略」の項を見ると、「「上略」「中略」「下略」より成る」とある。

2.六韜・三略について書かれた一般図書を調査。
・『六韜・三略(全訳「武経七書」)』(守屋洋編著 プレジデント社 1999年)→解題を見ると、p5に「『六韜』の「韜」という字は、もともとは弓や剣を入れておく袋を指している。この場合、入れておくのは弓や剣ではなく、兵法の秘策ということになるかもしれない。そういう袋が、文韜、武韜、竜韜、虎韜、豹韜、犬韜の六巻からなっているので、『六韜』なのである。これが書名の由来であった」とある。また、p14に「『三略』という兵法書は、上略、中略、下略の「三略」から成っており、それをそのまま書名としている」とある。
・『中国の思想』第10巻 孫子(松枝茂夫監修 徳間書店 1996年)→解題を見ると、p24-25に「韜は蔵、深くしまいこむ意味であり、転じて秘訣のこと。『六韜』は、つまり六つの秘訣であり、文韜、武韜、竜韜、虎韜、豹韜、犬韜の六篇から構成される。また、「虎の巻」という言葉は、この書の一つの篇の名から出ているとある。また、p26に「「略」は「機略」の意味で、上略、中略、下略の三篇から成り」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
古代兵法.軍学  (399 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中国学芸大事典』(近藤春雄著 大修館書店 1980年) (p280,p801)
『中国史籍解題辞典』(神田信夫編 燎原書店 1989年) (p336-337)
『六韜・三略(全訳「武経七書」)』(守屋洋編著 プレジデント社 1999年) (p5,p14)
『中国の思想』第10巻 孫子(松枝茂夫監修 徳間書店 1996年) (p24-25,p26)
キーワード
(Keywords)
「六韜」
「三略」
「黄石公三略」
兵法書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
中国・韓国の歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000106968解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!