このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2011-34
事例作成日
(Creation date)
2011年11月08日登録日時
(Registration date)
2011年11月08日 15時28分更新日時
(Last update)
2013年10月11日 10時33分
質問
(Question)
正岡子規の句碑「春や昔十五万石の城下哉」が松山市堀之内公園にあると本には書いてあるが、現在はない。どこへ移設されたのか。
回答
(Answer)
【資料1】によると、道後公園1番地35。子規記念博物館南側に接した庭。西向き。
移設の概要は次のとおり。
昭和24年4月、国鉄駅前に建立 → 昭和28年松山市駅前銀天街入口の緑地帯に移転 → 堀之内公園 → 現在地
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
【資料2】には、松山市堀之内城山公園が所在地となっている。
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 バスと電車でめぐる松山の句碑・歌碑 神野昭/編著・発行 2000年 <H09~ジア~2000> p85
【資料2】 愛媛県の句碑・道標 愛媛県教育委員会芸術・文化財室/編集 愛媛県教育委員会 1991年 <H090~エヒ~1991> p101
キーワード
(Keywords)
正岡子規
句碑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「春や昔十五万石の城下哉」の句碑は、松山市内に2基ある。
ひとつは、質問にあるもの。
もうひとつは、JR松山駅前にあり、【資料1】のp74によると、所在地は大手町2丁目。JR松山駅派出所前緑地帯。南向き。昭和35年5月に国鉄松山駅前中央広場に建立。昭和55年2月11日、駅前改造のため現在地に移転したとある。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000096321解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!