このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007310
事例作成日
(Creation date)
2011年05月05日登録日時
(Registration date)
2011年07月19日 11時16分更新日時
(Last update)
2011年07月19日 11時16分
質問
(Question)
漢籍などの出版がある「五山版」について詳しく書かれている資料があるか。
回答
(Answer)
研究書としては『五山版の研究』上下(川瀬一馬著 日本古書籍商協会 1970年)があるが、当館では未所蔵である。当館所蔵資料で五山版について詳しく書かれているものには『日本書誌学概説』(川瀬一馬著 講談社 1972年)収載の「五山版概説」などがある。
回答プロセス
(Answering process)
1.漢籍に関係するということなので、『日本漢文学大事典』(近藤春雄著 明治書院 1985年)で「五山版」の項を見ると、「我が国、古板本の一。鎌倉時代から室町時代の末にわたって、京都・鎌倉の五山、およびその系統をひく禅寺で開版された書籍をいう」とあり、次の参考文献の記載があるが、いずれも当館では未所蔵だった。
・『五山版の研究』上下(川瀬一馬著 日本古書籍商協会 1970年)
・『日本古印刷文化史』(木宮泰彦著 富山房 1932年)「禅院の開版」
・『訪書余録』第5編(和田維四郎著 精芸出版 1918年)「五山版」
・『鎌倉室町時代之儒教』(足利衍述著 有明書房 1970年)「儒典の刊行」
・『五山文学小史』(上村観光著 裳華房 1904年)「日本禅林撰述書目」
・「書誌学」17号(1969年11月)「五山版の刻工について」

2.『日本古典籍書誌学辞典』(井上宗雄ほか編 岩波書店 1999年)で「五山版」の項に詳しい説明あり。

3.『国史大辞典』第5巻(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1985年)を見ると「五山版」の項あり、2の『日本古典籍書誌学辞典』ともに、研究書としては『五山版の研究』上下(川瀬一馬著 日本古書籍商協会 1970年)を挙げている。

4.『日本古典文学大辞典』第2巻(日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1984年)の「五山版」の項に詳しい説明あり。参考文献として『五山版の研究』の他、次のものを挙げており、いずれも所蔵資料だったので内容を確認すると「五山版」についての詳しい記述があった。
・『日本書誌学概説』(川瀬一馬著 講談社 1972年)→p244-259に「五山版概説」の項があり、「五山版開版書目一覧」が附されている。
・『和漢書の印刷とその歴史』(長沢規矩也著 吉川弘文館 1952年)→p113-116に「京都に於ける五山版の隆盛」の項あり。

5.自館システムで件名「印刷-歴史」を検索し、日本の印刷の歴史に関する資料を確認すると、次のものに「五山版」に関する記述があった。
・『日本印刷技術史』(中根勝著 八木書店 1999年)→p79-84に「五山版」の項があり、京都の五山について詳しい説明あり。
・『図解和漢印刷史(図書学参考図録入門編)』(長沢規矩也著 汲古書院 1976年)→p29-p31に「五山版の盛行」の項あり。
・『印刷文明史』第2巻(島屋政一著 五月書房 1980年)→p1237-1247に鎌倉時代の五山版、p1295-1310に室町時代の五山版の解説あり。
・『京都印刷一千年史』(京都府印刷一千年史編集委員会編 京都府印刷工業協同組合 1970年)→p43-47に京都の五山版に関する説明あり。

6.書誌学の関係図書にも「五山版」に関する記述があった。
・『書誌学入門:古典籍を見る・知る・読む』(堀川貴司著 勉誠出版 2010年)p17-18
・『図説書誌学:古典籍を学ぶ』(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫編 勉誠出版 2010年)p109-110
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写本.刊本.造本  (022)
印刷  (749)
参考資料
(Reference materials)
『日本古典籍書誌学辞典』(井上宗雄ほか編 岩波書店 1999年) (p216-216)
『日本古典文学大辞典』第2巻(日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1984年) (p592-592)
『日本書誌学概説』(川瀬一馬著 講談社 1972年)
 (p244-259)
『和漢書の印刷とその歴史』(長沢規矩也著 吉川弘文館 1952年) (p113-116)
『日本印刷技術史』(中根勝著 八木書店 1999年) (p79-84)
『図解和漢印刷史(図書学参考図録入門編)』(長沢規矩也著 汲古書院 1976年) (p29-p31)
『印刷文明史』第2巻(島屋政一著 五月書房 1980年) (p1237-1247)
『京都印刷一千年史』(京都府印刷一千年史編集委員会編 京都府印刷工業協同組合 1970年) (p43-47)
キーワード
(Keywords)
五山版
印刷
寺院
古刊本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
「五山版」は、中世に、禅宗寺院である京都の五山(南禅寺(のちに相国寺に代わる・天龍寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)、鎌倉の五山(建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺)を中心とした僧俗関係者によって刊行された書籍の総称。鎌倉中期に始まり、南北朝・室町前期に盛んになり、応仁の乱後は衰えながら室町末期まで続いた。版式は宋・元・明の方冊本の覆刻が主。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
出版・読書
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088674解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!