このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2009-0021
事例作成日
(Creation date)
2009年06月16日登録日時
(Registration date)
2010年12月03日 16時58分更新日時
(Last update)
2011年01月21日 15時34分
質問
(Question)
安島直円(あじまなおのぶ)の肖像画が掲載されている資料はあるか。
回答
(Answer)
当館所蔵の安島直円関係資料及び和算関係資料等には、肖像画の掲載は確認できませんでした。
下記の機関にも照会しましたが、肖像画の所蔵は確認できませんでした。
参考資料として確認した資料は、山形県立図書館ホームページ( http://www.lib.pref.yamagata.jp/) から山形県関係文献目録、人物編「あ」行「安島直円」で公開しております。
回答プロセス
(Answering process)
山形県立図書館ホームページ( http://www.lib.pref.yamagata.jp/) より、山形県関係文献目録、人物編リスト「あ」行、「安島直円」に採録されている資料を中心に検索する。

安島直円(あじまなおのぶ) 享保17年-寛政10.4.7(1732-1798)
江戸中期の数学者。羽州新庄藩江戸邸生れ。代々新庄藩士江戸詰役。安島清英の子。
通称万蔵、字は伯規、南山と号した。はじめ中西流の数学を入江応忠に学び、後、関孝和の四伝山路主任の門下となって関流の奥義に通じて、その秘書を皆伝された。専門家の間に重きをなしながら、在世中には世間に知らるること少なく、同門藤田貞資が第一人者の如く推重されたが、藤田の著作には安島の助力が甚だ多かったらしく、藤田自身は安島を称して当代の名人と讃嘆したという。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
和算.中国算法  (419 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
安島直円
算学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
新庄市立図書館
新庄ふるさと歴史センター
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000074707解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!