このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2009-004
事例作成日
(Creation date)
2009/02/14登録日時
(Registration date)
2009年06月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月12日 10時25分
質問
(Question)
1 飯田蛇笏(イイダダコツ 俳人)の長男「飯田聡一郎」氏(甲府連隊に所属、レイテ島にて戦死)と三男「飯田麗三」氏(満蒙収容所にて戦死)について記録された資料を見たい。
2 上記両人の死亡者名簿を見たい。
回答
(Answer)
1 当館所蔵資料を確認した結果、下記の4点に関係記述があった。
①『現代俳句大事典』(三省堂 2005)
②『蛇笏百景』(木耳社 1979)
③『飯田蛇笏 俳句シリーズ・人と作品10』(桜楓社 1980)
④『飯田蛇笏展』(山梨県立文学館 1992)

2 三男「飯田麗三」については、資料①とインターネット情報※2で確認することができた。長男「飯田聡一郎」については確認できなかった。
①『シベリアに逝きし人々を刻す ソ連抑留中死亡者名簿』(村山常雄 2007)

Web情報
※1 泉5316部隊については《バシー海峡の海の底 関連書籍》が詳しい。関係資料リスト(個人蔵)あり。
(URL: http://wwwgeocities.jp/tamatumaru/005.html  2009/02/14最終確認)
※2 《シベリア抑留中死亡者名簿》
上記2-①の編著者である村山常雄氏による「シベリア抑留中死亡者名簿」があり「飯田麗三」の名前が見つかった。
http://yokuryu.huu.cc/  2009/02/14最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
1 当館所蔵資料を確認した結果、下記の4点に関係記述があった。
①『現代俳句大事典』(三省堂 2005)
p31「飯田蛇笏」の項「1944年、長男聡一郎が出征、続いて三男麗三も召集されたが、長男聡一郎は戦死、三男麗三も戦病死した。との記述あり。

②『蛇笏百景』(木耳社 1979)
p243-261に長男、三男の戦死について関連記述あり。
p251には蛇笏による長男の戦歴あり。「泉部隊(独立歩兵第十三聯隊第十一中隊)」とあることから「泉5316部隊」に所属していたことがわかる。

③『飯田蛇笏 俳句シリーズ・人と作品10』(桜楓社 1980)
p125-142「戦乱期のなかで」に関連記述あり。
p130「次男数馬が日本歯科大学を卒業しながら病を得て死亡」の記載あり。
p134「鵬生(長男聡一郎の俳号)応召、同年六月北支派遣となり・・・昭和十九年 十二月二十二日壮烈なる死闘に散華した」の記載あり。
p135「続いて三男、麗三の戦病死がもたらされた。昭和二十一年五月六日、外蒙古アモグロン収容所の労働使役中の事故で死亡、との公電が入った」との記載あり。

④『飯田蛇笏展』(山梨県立文学館 1992)
p88 年譜に以下のとおり長男、三男の応召月、戦死月及び場所の記載あり。「1944(昭和19)1月 長男聡一郎応召、12月聡一郎フイリピンにて戦死。三男麗三ハルピンにて応召。1946(昭和21)5月 三男麗三 外蒙古にて戦病死」
p47下段 長男戦死について、前田普羅宛の葉書あり。
p76上段 戦場の長男の消息について、高橋淡路女宛の葉書あり。

2 三男「飯田麗三」については、資料①とWeb情報※2で確認することができた。長男「飯田聡一郎」については確認できなかった。
 
①『シベリアに逝きし人々を刻す ソ連抑留中死亡者名簿』(糸魚川 村山常雄 2007)
p56「ソ連抑留中死亡者総員50音順名簿」のNo.1944「飯田麗三」の名前と下記の記述あり。
「1944  イイダ゙・レイゾウ 飯田麗三 (生年)? (階級)? (死亡年月日) 1946/5/7 出身地空欄」

②(国会図書館蔵)「独立歩兵第十三連隊誌」(独立歩兵第十三連隊誌刊行会 1980)
p435-522「戦友名簿」に「飯田聡一郎」の名前なし。

Web情報
※1 泉5316部隊については《バシー海峡の海の底 関連書籍》が詳しい。関係資料リスト(個人蔵)あり。
(URL: http://wwwgeocities.jp/tamatumaru/005.html  2009/02/14最終確認)
その中で下記の2件が名簿を含むと思われる。
「レイテの山河に祈る写真集」(泉レイテ島慰霊巡拝団事務局 1991)
泉兵団戦没者、生環者の名簿あり。本書は《ゆにかねっと》より国会図、静岡県図、愛知県図、名古屋市図、岐阜県図所蔵。
「独立歩兵第13連隊(泉5316部隊)戦死者名簿」
《ゆにかねっと》では所蔵館なし。愛知県図に現物照会をする。名簿はなしとのこと。
※2 《シベリア抑留中死亡者名簿》
上記2-①の編著者である村山常雄氏による「シベリア抑留中死亡者名簿」があり「飯田麗三」の名前が見つかった。
http://yokuryu.huu.cc/  2009/02/14最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代俳句大事典』(山下一海 三省堂 2005)
『蛇笏百景』(小林富司夫 木耳社 1979)
『飯田蛇笏 俳句シリーズ・人と作品10』(角川源義 桜楓社 1980)
『飯田蛇笏展』(山梨県立文学館 1992)
『シベリアに逝きし人々を刻す ソ連抑留中死亡者名簿』(村山常雄 2007)
キーワード
(Keywords)
飯田 蛇笏(イイダ ダコツ)
戦死者名簿
第二次世界大戦-太平洋戦争
レイテ島
外蒙古-中国
強制収容所
飯田 聡一郎(イイダ ソウイチロウ)
飯田 麗三(イイダ レイゾウ) 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
愛知県図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000055814解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!