このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
20-11
事例作成日
(Creation date)
2001年08月23日登録日時
(Registration date)
2008年05月25日 12時44分更新日時
(Last update)
2009年09月20日 17時07分
質問
(Question)
「母性」の語源は何か
回答
(Answer)
エレン・ケイの用いたスウェーデン語moderskapの訳語とみられている。当初、「母心」が当てられていたが、平塚らいてう訳『母性の復興』(一九一九年、新潮社)で日本で初めて「母性」という語が用いられ、昭和期に定着した。一九一〇-二〇年代は、家庭教育書の隆盛期であるが、その中で妊娠・出産という女性の身体的機能に由来する子を愛する心、子のために尽くす心という意味での「母性」および「母性愛」の価値が強調されるようになった。(宮坂靖子)
出典 【資料1】p196~197
回答プロセス
(Answering process)
広辞苑、百科辞典等には記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】:『日本女性史事典』 女性史事典編集委員会編 新人物往来社 1994
キーワード
(Keywords)
母性
平塚らいてう
女性史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000044364解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!