このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000031792
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2006-047
事例作成日
(Creation date)
2006/08/22登録日時
(Registration date)
2006年12月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年05月11日 13時38分
質問
(Question)
北川辺町出身の日本解剖学の父、田口和美博士が明治2年頃に医学のために上京したというが、出発した河岸は、北川辺のどこかを知りたい。おそらく利根川を通ったと思われる。
回答
(Answer)
田口が上京に際してどのような交通手段を用いたかを確認できる資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
田口博士は、文久2年に郷里にほど近い下野国佐野で医院を開業したが、明治2年には同医院を閉じ、医学研究のため妻子を実家に預けて単身上京した。
田口和美関連資料、北川辺関連資料を探索した。
田口氏は、14歳の時(嘉永6年)に医師としての学問を学ぶために江戸に向かっている。その際の交通手段については、船便で出府したとする記述が下記資料に見られる。
『わが国 解剖学の父 田口和美博士』『北川辺史の研究 1』

その他の調査済み資料は次のとおり。
『埼玉人物事典』『埼玉人物小百科』『埼玉県人物誌』『利根川流路の変遷』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
基礎医学  (491 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
田口 和美(タグチ カズヨシ)
解剖学
北川辺(キタカワベ)町-埼玉県
伝記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000031792解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!