このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
桃山学院大学附属図書館 (3310045)管理番号
(Control number)
桃山002
事例作成日
(Creation date)
2005年11月28日登録日時
(Registration date)
2005年12月02日 15時02分更新日時
(Last update)
2005年12月07日 15時01分
質問
(Question)
明治時代の休日は毎月、一と六のつく日「一六休み」であったが、外国人の影響で「日曜日」となった。その前後の論議について書かれた資料はないか?
回答
(Answer)
『明治改暦』  ( 岡田芳朗著/ 大修館書店 /1994)
『大隈伯昔日譚』 (大隈重信〔述〕/ 円城寺清編/ 東京大学出版会/ 1980-81)
回答プロセス
(Answering process)
①「一六休み」が日曜日に変更されたのは何年か探すために、国会図書館の「法令索引」で調べたが、見つけられなかった。
②本学所蔵の「起源事典」各種見る。その中で『近代事物起源事典』のカレンダーの項を見ると、「太陽暦の採用は明治5年12月3日」とあり。
③『明治ニュース事典』の年次別歴史索引目次で明治5年を見る。実際には11月の項に「陰暦を廃し、太陽暦を採用」とある。
④②,③を参考に〔明治ー暦〕で所蔵調査をし、内容を調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 8版)
参考資料
(Reference materials)
『近代事物起源事典』 (紀田潤一郎著/東京堂出版/1992)
『明治ニュース事典』 (9冊/毎日コミュニケーションズ/1983-86)
キーワード
(Keywords)
明治
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000025255解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!