このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
A2005M0507
事例作成日
(Creation date)
20050528登録日時
(Registration date)
2005年12月01日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年12月01日 17時18分
質問
(Question)
1934年(昭和9年)1月30日朝日新聞朝刊2面の菊池男爵の発言にある、先般某雑誌に掲載された中島商相の「足利尊氏賞賛論」の内容を知りたい。
回答
(Answer)
第65回帝国議会貴族院本会議にて、菊池武夫と三室戸敬光が中島商工大臣の「尊氏論」に関して発言しており、それによると「足利尊氏という一篇」は『現代』に掲載されているとのことでした。〔『帝国議会貴族院議事速記録. 60』 (当館請求記号BZ-6-5)第65回帝国議会 第13号 (昭和9年2月7日)pp.131~139 による。〕
NDL-OPACの雑誌記事検索でタイトルに「足利尊氏」と入力して検索すると、中島久万吉の「足利尊氏と私-『逆賊』にされた思ひ出-」がヒットしました。『文藝春秋』(当館請求記号YA-101)34巻6号(昭和31年6月)のp152-157に掲載されています。この記事で著者は昭和9年の「尊氏論」にまつわる出来事を述べていますが、「大正十年に当時俳句に凝っていた私が、俳句の師匠でもあり友人でもある松瀬青々子と興津の古刹清見寺に詣で、寺宝の尊氏の木像を見た感想を同人間の俳句雑誌『倦鳥』に書いたもの(記事から引用)」で、『現代』の昭和9年2月号に再掲載されたとあり、さらに問題となった「足利尊氏」(p154-156)が転載されています。
上記を元に確認しました『現代』(当館請求記号 YA5-1075)への掲載事項は次の通りです。
「足利尊氏」 中島久万吉
『現代』 15巻2号(昭和9年2月) p56-59
また、初出の資料である『倦鳥』(当館請求記号 雑12-6イ)について、大正8年1月から大正12年12月までの目次を通覧しましたが、該当記事と思われる項目は見あたりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
他の担当者による貴族院議事録の調査と平行して、参考資料や中島久万吉の著作について調査を進め、掲載誌の特定まではできたが、掲載号が不明であった。掲載誌の採録年代は1996.7以降ではあるが、関連文献を求めて、雑誌記事索引検索( http://opac.ndl.go.jp/Process )で検索したところ、『文芸春秋』の文献が見つかった。また『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 人名編』で「中島久万吉」を調べると関連文献があり、そのうちの1件からも掲載号が判明した。
事前調査事項
(Preliminary research)
典拠は朝日新聞データベース。帝国議会貴族院記事録等に関連情報が掲載されているのではないかと利用者から申し出あり。
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典(第10巻)』 国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1989 (GB8-60)
 『朝日新聞縮刷版. [東京] 』 朝日新聞社 (Z99-5)
『明治・大正・昭和前期雑誌記事索引集成』 石山洋ほか編 皓星社 1994-1999 (UP54-E16)
『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録』 大宅壮一文庫 1985 (UP54-36)
キーワード
(Keywords)
足利尊氏
中島久万吉
菊池武夫
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学図書館
登録番号
(Registration number)
1000025143解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!