このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2016-065
事例作成日
(Creation date)
2016年04月26日登録日時
(Registration date)
2016年09月21日 14時58分更新日時
(Last update)
2016年11月02日 16時02分
質問
(Question)
子ども向けの本で、江戸時代の民話「釣り舟清次(つりふねせいじ)」又は「釣り船清次」を語るテキストを探している。
回答
(Answer)
語りのテキストに適した資料は見あたらなかった。参考に、釣り舟清次について記述等のあった資料を紹介した。

1 CD
『寄席の噺ホールの噺・古典落語の巨匠たち』(林家彦六(口演) テイチクエンタテインメント 2000)
 土師清二作「釣り船清次」収録

2 図書
『東京の民間信仰』(長沢利明著 三弥井書店 1989)
 p54-89「釣船神社の系譜」あり。調査した資料の中では最も詳しい。
 「釣船神社御由緒」あり。上記、土師清二作の落語「釣舟清次」のあらましも書かれている。また、注として出典となった参考文献が14点掲出されている。
『疫神とその周辺 民俗民芸双書 98』(大島建彦著 岩崎美術社 1985)
 p95-111「釣船清次の信仰」あり。釣船神社の信仰について詳しく書かれており、以下資料2点の書上も収録されている。
『大田南畝全集 第11巻 随筆』(大田南畝著 岩波書店 1988)
 p112-113「半日閑話 巻3」に「釣船清次の書上」あり。寛政2年に清次の話を奉行所が取り調べ、書き付けたものを筆写した形をとる。
『日本随筆大成 第1期 第8巻』(吉川弘文館 1975)
 p109-110「半日閑話」に「釣船清次が事」あり。『東京の民間信仰』と同内容である。
『川柳大辞典 上巻』(大曲駒村編著 高橋書店 1962)
 p912〈せいじ 清次〉の項に、釣船神社の異称として縁起を含め8行の記述あり。 
『共古随筆 東洋文庫 588』(山中共古著 平凡社 1995)
 p229-230「(六十九)釣舟清次」に守札についての記述あり。
『重宝記資料集成 第12巻 文字尽』(長友千代治編 臨川書店 2004)
 p417「新版不正誤字小野〔ガバカムラ〕〔ウソ〕字尽」「平生不用無重宝記小野〔ガバカムラ〕〔ウソ〕字尽」に「○やくびやうよけの札」として「釣舟清次宿」と書かれた札あり。
『江戸年中行事 中公文庫』(三田村鳶魚編 朝倉治彦校訂 中央公論社 1981)
 p206 「[五月]廿四日 ○南八丁堀舟宿駿河屋清次より疫病除の守札を出す。」という「武江遊観志略」の記述あり。
 p333 「[五月]廿四日 ○南八丁堀するがや清次方にて疫病除の守りを出す、初代清次、品川沖にて疫神にさづかりし守り也。」という「東都遊覧年中行事」の記述あり。

3 雑誌記事
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)
宮本升平著「除疫呪符についての一考察 -その縁起譚の比較を通して-」(『常民文化 23号』p63-78 2000.3)
 p67-69「(一)『釣船清次』の縁起譚」に記述あり。
大島建彦著「疫神歓待の伝承」(『日本民俗学 138号』p1-11 1981.11)
 表紙裏 釣船清次の守り札の図版あり。
 p4 釣船清次の伝承について、『関東の民間療法』、「小野[バカムラ]謔字尽」掲載の守り札について記述あり。
 p5 「疫神伝承一覧表」に『桧枝岐民俗誌』、「半日閑話」の伝承あり。
 p6-7 福島県桧枝岐村(今野円輔「桧枝岐民俗誌」)、江戸(大田南畝「半日閑話」)、埼玉県川口市(「西郊民俗 95-96号」)の伝承について記述あり。

4 新聞記事
《聞蔵Ⅱビジュアル》(朝日新聞社)
「彼虎列的除の呪なひ…」『朝日新聞 1879年7月23日大阪/朝刊 4頁1段』
「東京の迷信(30) 釣船清次(感冒)」『朝日新聞 1907年12月4日東京/朝刊 6頁7段』
「釣舟清次_落語の四季」『朝日新聞 1986年7月2日東京/夕刊 12頁5段』 土師清二氏の作品とあり。

5 《国会図書館デジタルコレクション》「墓碑史蹟研究. 第2巻」(磯ケ谷紫江著 後苑荘 昭和2-10)
 44-45コマに釣船清次の墓について記述あり。「有名な侠客」とあり。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1242802  国会図書館)
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈釣り船清次〉で検索する。
2 《国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈釣船清次〉〈釣り船清次〉で検索するが該当なし。
3 《Google》( https://www.google.co.jp/  Google)を〈釣船清次〉で検索、個人サイトに「釣り船清次の御礼」という話が、東京都の民話として紹介されていた。出典は《福娘童話集》( http://hukumusume.com/douwa/new/03/06.htm  福娘童話集)
4 東京都の民話に関する自館資料を調査するが、該当なし。
5 一般書を調査する。(回答資料)
6 《聞蔵Ⅱビジュアル》(朝日新聞社)を〈釣船清次〉〈釣舟清次〉で検索する。(回答情報)
7 土師清二と林家彦六の著作を調査する。(回答資料)
8 《国会図書館デジタルコレクション》( http://dl.ndl.go.jp/  国会図書館)
「集古 丁丑(4)」(集古会 1937)国立国会図書館/図書館送信参加館内公開
 p6-7(コマ番号7)に、「釣船淸次」(三村淸三郞著)あり。「新撰東京名所図会 第三十編 京橋区 二巻 釣船神社の項に」ある釣船神社の由緒として、釣船清次の逸話が引用されている。また、「蜀山人の半日閑話に釣船清次が事として、左の書上げがある、これが恐らく実説であらふ。」とあり。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1890791  国会図書館)
「西郊民俗(95)」([西郊民俗談話会] 1981)
 p15-19(コマ番号11-13)「釣船清次の信仰(上) 」(大島建彦著)
 釣船神社の由来については「京橋区史 上巻の二」「中央区史 上巻の二」から、また釣船清次のいわれについては「桧枝岐民俗誌」からの引用あり。釣船信仰は川口市など埼玉県にも伝わったとの記述あり。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/6064341  国会図書館)
「西郊民俗(96)」([西郊民俗談話会] 1981.9)
 p19-22(コマ番号11-13)「釣船清次の信仰(下) 」(大島建彦著)信仰についての考証のみ。( http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/6064342  国会図書館)

ウェブサイト・データベースの最終確認日は2016年5月7日。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済み資料
《国会図書館レファレンス協同データベース》( https://crd.ndl.go.jp/  国会図書館)
『日本昔話百選』(稲田浩二[ほか]編著 三省堂 1990)『東京都の民話 県別ふるさとの民話 18』(日本児童文学者協会編 偕成社 1980)『定本 日本の民話』(未来社)『日本の昔話』(福音館書店)『子どもに語る日本の昔話』(こぐま社)『子どもに贈る昔ばなし 4、8、15』(小澤昔ばなし研究所)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
児童文学研究  (909 9版)
評論.エッセイ.随筆  (914 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
釣り舟清次
釣り船清次
釣舟清次
釣船清次
民話-東京都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
児童
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000197117解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!