このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鳥取県立図書館 (2110007)管理番号
(Control number)
鳥県図20130023
事例作成日
(Creation date)
2013年04月22日登録日時
(Registration date)
2013年05月20日 17時13分更新日時
(Last update)
2016年06月24日 11時58分
質問
(Question)
飲酒習慣について飲酒の頻度や1日当たりの飲酒量が分かる統計はないか。(明治から現代まで)
回答
(Answer)
最近の統計については下記の資料にあったが、古い統計は見つからなかった。
1.『国民健康・栄養調査』(平成23年)
 ※調査対象:調査年の国民生活基礎調査において設定された単位区から、層化無作為抽出した300単位区内の世帯(約6,000世帯)及び世帯員(調査年11月1日現在で満1歳以上の者、約18,000人)。
 第3部 生活習慣調査の結果
  「飲酒習慣」(第77表~第80表)
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&listID=000001108362&disp=Other&requestSender=dsearch
第77表 飲酒の頻度(性・年齢階級別)
第78表 飲酒日の1日当たりの飲酒量(性・年齢階級別)
第79表 飲酒習慣の状況(性・年齢階級別)
第80表 飲酒の頻度別、飲酒日の1日当たりの飲酒量(性・年齢階級別)

2.『中高年者縦断調査』(平成22年)
※調査対象:平成17年10月末現在で50~59歳であった全国の男女を対象とし、そのうち、前回調査又は前々回調査において協力を得られた者。
 「健康の状況」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001101990
第22表 「被調査者数・構成割合,性、年齢階級、第6回の飲酒の程度・1日平均飲酒量、第1回からの健康状態の変化別」

3.国民生活基礎調査(平成13年)
※調査対象:全国の世帯及び世帯員を対象とし、健康票については、平成7年国勢調査区から層化無作為抽出した5,240地区内のすべての世帯及び世帯員
 「健康票 第2巻」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001045677
第21表 世帯人員数(12歳以上),飲酒の有―飲酒量―無・性・健康状態別
第22表 世帯人員数(12歳以上),飲酒の有―飲酒量―無・性・健康意識別第30表 世帯人員数(15歳以上),飲酒の有―飲酒量―無・性・就業状況別

 「健康票 第4巻」
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001045678
第10表 世帯人員数(12歳以上),飲酒の有―飲酒量―無・性・年齢(10歳階級)・都道府県―13大都市(再掲)別
※平成14年以降の調査では「飲酒」の項目がなくなる。
(インターネット最終確認日:2013年4月22日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367)
参考資料
(Reference materials)
国民生活基礎調査 平成13年 第2巻 厚生労働省大臣官房統 厚生統計協会 全国編 2003.7
キーワード
(Keywords)
飲酒習慣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス 医療・健康
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000131483解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!