このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
紙の博物館図書室 (4210001)管理番号
(Control number)
111225001
事例作成日
(Creation date)
2011年12月25日登録日時
(Registration date)
2011年12月25日 14時37分更新日時
(Last update)
2016年10月09日 14時30分
質問
(Question)
浮世絵で手首に紙縒りを巻いている女性(娘)を見るが、何のために巻いているのか。アクセサリーなのか。何かのまじないなのか。
回答
(Answer)
①病気にかからないようなまじない
②病がよくなるように願をかけている。
③約束を誓う

(解説) 
レファ協のコメント機能にて次の資料・文献の紹介をうける。
1) 歌麿の「教訓 親の目鑑 正直者」という紙縒りを手首に巻く女性の姿を描いた浮世絵がある。
《教訓 親の目鑑「正直者」》 東京富士美術館
Upon My Oath
享和2年(1802)頃
木版多色刷
38.4×25.4cm
喜多川歌麿
Kitagawa Utamaro(1753-1806)
http://www.fujibi.or.jp/our-collection/97.html?work_id=3757  (2016/10/9確認)

教訓 親の目鑑「正直者」 文化遺産オンライン 東京富士美術館蔵
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=227342  (2016/10/9確認)

浮世絵芸術データベースには下記のデータあり

浮世絵芸術データベース 国際日本文化研究センター
http://unno.nichibun.ac.jp/geijyutsu/ukiyoe-geijyutsu/  (2016/10/9確認)

浮世絵芸術 2号/昭和38年 (1963) 1月27日発行
http://unno.nichibun.ac.jp/geijyutsu/ukiyoe-geijyutsu/contents/2.html  (2016/10/9確認)

歌麿の「教訓親の目鑑」の文章
(浮世絵芸術2号より)
「正直者 種々のそらまじないの人の教ゆる毎に、正直にうけては日にまし神いじりがつのる物なり、是人妖として禍を招く如きとしるべし。神仏は遵とみとおざけて近付きけがし奉るものに非ず、うらかたみくじ物いまいに心をつくすも殊勝にて可愛らしくは見ゆれども、是も又やまいなり、つつしむべし。もし気にかかる事あらば鶴亀松竹とはらいまじない千早ふる卯月八日ぐらいの事におくべし。」

この解説文では「行き過ぎはよくないもの」と戒めていると解釈されるが、解説文に出てくる「卯月八日」「鶴亀」ほか関連事項を所蔵資料の『ことわざ大辞典』
にて調べてみる。
「卯月八日の昼前に家鴨の卵を食えば病気が治る」(北勢地方俗謡」
「手首を糸で縛れば風邪にかからない」(南総俚俗)
「鶴亀鶴亀」不吉なことなどがあった時、それを払いのける縁起なおしに唱えることば。
などから、この娘は(親か恋人か自分か)の為に、病気が治るように、あるいは健康でいるように、紙縒りを結んで願をかけているのではないかと解釈した。
その後、解説文に出てくる「卯月八日」等の意味についてさらに次の解説文を紹介される

2) 江戸の浮世絵 芸華書院/2009.3 ISBN:9784990405519
http://rnavi.ndl.go.jp/mokuji_html/000010066636.html  (20116/10/9確認)
より
p.421
「正直者」 ▼カラー図版・・・・・45
「・・・可愛い娘が、何かの願いごとのためか、それとも愛する男との約束を誓うためにか、右手の手首にこよりを巻き結んでいる。・・・教訓の文章は、神や仏への信心もよいが、日常のこまごまとしたことで頼ったり、占ったり、生き過ぎてはいけないと戒めている。
 文末の「ちはやふる卯月八日」とは、四月八日の灌仏会の折、釈迦誕生像にかけた甘茶で墨をすり「千早ふる卯月八日は吉日よかみさけ虫の成敗ぞする」と書いて、台所や便所などに逆さに貼ると虫が出ないという俗信(粕谷宏紀編『川柳大辞典』三四頁)を指している。・・・」
回答プロセス
(Answering process)
①所蔵図書を中心に、「民俗学」 「こより」 「水引」 「服装」 関係を調査するが、回答を得られず。
②レファ協のコメント機能により近畿大図書館様より歌麿作「教訓 親目鑑 正直者」についてご教示いただく。
③ 上記の浮世絵の解説文をもとに、『ことわざ大辞典』を調査する。
④ さらにレファ協のコメント機能により近畿大学図書館様より『江戸の浮世絵』の解説文をご教示いただく。
事前調査事項
(Preliminary research)
① 質問者は参考図版として、インターネット上の画像を提出した。
アダチ版画HPより
http://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/item/utamaro061.htm (2012/7/26 確認)
② 質問者は 百科辞典や広辞苑などの基本文献はひととおり調査済みとのこと
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ことわざ大辞典』 小学館 1982
キーワード
(Keywords)
紙縒り
こより
水引
手首
願掛け
まじない
照会先
(Institution or person inquired for advice)
近畿大学中央図書館
寄与者
(Contributor)
寺尾隆氏(近畿大学中央図書館)
備考
(Notes)
2016/10/9 インターネット事項確認のため更新
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000098992解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!