このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247516
提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20170331-3
事例作成日
(Creation date)
20170331登録日時
(Registration date)
2018年12月08日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月26日 09時51分
質問
(Question)
有明海の漁労の図が見たい。
回答
(Answer)
『有明海漁業実況図』のことのようでした。
江戸時代後期・明治初期に松田房晃(まつだふさてる・ふさあき 文政5年9月15日~明治9年10月30日)が、幕末頃の有明海に取材し、当時もっとも特徴的であった漁法を四季にわたる23種の図で描いているもの。
「つり」「四つ手網」「シジミかき」「ウナギかき」「メカジャ(ミドリシャミセンガイ)とり」「潟往来の図」「カニとり」「タコとり」「ウミタケねじ」「ムツ(ムツゴロウ)とり」「ワラスボかき」「シャッパふみ」「カキとり」「アミとり」「流し網の一種(解読不能)」「しげあみ」「投あみ」「げんしきあみ」「竹はじの図」「ヒラ網」「エツあみ」「クラゲあみ」「コチつり」
以上の23図がある。
当館では以下の資料に掲載があります。

(参考文献、掲載箇所)
『有明海博物誌』P48-53 上記説明文および23枚のカラー図あり
『Fukuoka Style vol.16』P57-63 上記同様、23枚のカラー図あり(製作者については記載なし)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般動物学  (481)
参考資料
(Reference materials)
『有明海博物誌』佐賀県立博物館 1999.2
『Fukuoka style Vol.16』福博綜合印刷 星雲社(発売) 1996.12
キーワード
(Keywords)
有明海
漁業
漁労
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
件名:佐賀県 有明海
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000247516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決