このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20151106-2
事例作成日
(Creation date)
2015年11月06日登録日時
(Registration date)
2019年01月09日 13時02分更新日時
(Last update)
2019年01月09日 13時02分
質問
(Question)
フルベッキが書いた「ブリーフスケッチ」の原文は今どこにあるのか
回答
(Answer)
「ブリーフスケッチ」とは、宣教師フルベッキが大隈重信に宛てて進言・提出した欧米使節団についての書簡のタイトル。
①フルテキスト「フルベッキ」で検索。関連する書籍を確認。
『フルベッキ書簡集』p13「明治二年六月一一日大隈重信にあて、英文にて"brief Sketch"としてかなり長文の意見書を書いて差し出した。内容は、欧米諸国に使節を派遣して各国との友好を深め、条約改正の準備をはかり、同時に政治、法律、司法、外交、教育、宗教の諸般に亙る各国の制度、行政、施策を研究するにあった。」とある。
『新訳考証日本のフルベッキ』p189「一八六九年の夏が終わる前に(六月一一日)フルベッキ氏は政府高官からなる使節団を欧米に派遣する提案(一八七二年に派遣)をしたばかりか、使節団の編制、旅程、人員、目的、調査方法などを綿密に計画した(1)」→p211(1)この建白書はブリーフスケッチ(brief Sketch)と呼ばれ、(略)原文はアルバート・アルトマン教授により、一八六六年ニュージャージー州のガードナー・セイジ図書館に保存されていたことが報告され、紹介された。」とある。※文章は原文ママ。「一八六六年」の記載については真偽不明。
②ネットでも検索。
国立公文書館 アジア歴史資料センターHPによると、アメリカのニュージャージー州にあるニューブルンスヴィック神学校のガードナー・A・セイジ図書館にあるとのこと。
(参考情報)
『公文書にみる岩倉使節団(URL  http://www.jacar.go.jp/iwakura/jinbutu/main.html )』…フルベッキの項目にあり
※上記URLは、平成16年12月公開のインターネット特別展「公文書に見る岩倉使節団 智識ヲ世界ニ求メ」。平成30年11月7日に公開終了、平成30(2018)年11月9日、インターネット特別展「岩倉使節団~海を越えた150人の軌跡~」がオープン。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『フルベッキ書簡集』ギドー・ヘルマン・フリードリン・フルベッキ/著 高谷 道男/編 新教出版社 1978
『新訳考証日本のフルベッキ 無国籍の宣教師フルベッキの生涯』W.E.グリフィス/著 松浦 玲/監修 村瀬 寿代/訳編 洋学堂書店 2003.1
キーワード
(Keywords)
フルベッキ
ブリーフスケッチ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000249947解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!