このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域375
事例作成日
(Creation date)
2015年10月02日登録日時
(Registration date)
2015年11月29日 16時49分更新日時
(Last update)
2015年11月29日 17時22分
質問
(Question)
彫刻家・佐藤忠良(1912~2011)の作品「母子想」像が、昭和48年に内郷内町の内郷山神社から福島高専中庭に移設されたが、この「母子想」像に関する記事が、平成8年の夕刊「いわき民報」に掲載されたらしい。これらの記事がいつ掲載されたか知りたい。
回答
(Answer)
『原紙 いわき民報(昭和48年1月)』および『いわき民報縮刷版(平成8年分)』を調べたところ、昭和48年1月20日付9面に「青年の像につぎ“母子想” 常磐開発が高専に贈る」、平成8年1月1日付98面 に「美術散歩 “一山一家”の象徴」が掲載されていることを確認した。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
 検索機で「福島高専」を検索。
【資料①】『福島高専三十年史』
 P9に、昭和48年1月に移設したことが確認できた(像の写真あり)。これより昭和48年1月の「いわき民報」を調査。
【資料②】『原紙 いわき民報(昭和48年1月)』
 1月20日付9面に「青年の像につぎ“母子想” 常磐開発が高専に贈る」の記事があった。
【資料③】『いわき民報・縮刷版(平成8年1月号)』
 平成8年1月1日付98面 に「美術散歩 “一山一家”の象徴」の記事があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (071 9版)
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『福島高専三十年史』[K/377/フ・1110058599]
【資料②】『原紙 いわき民報 (昭和48年1月)』[出納書庫・1170201824]
【資料③】『いわき民報・縮刷版 (平成8年1月号)』[K/071/イ・1110094511]
キーワード
(Keywords)
福島工業高等専門学校
福島高専
母子想
佐藤忠良 さとうちゅうりょう
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000184763解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!