このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
堺市立中央図書館 (2210017)管理番号
(Control number)
堺―2013-001
事例作成日
(Creation date)
2011年05月26日登録日時
(Registration date)
2013年07月19日 11時27分更新日時
(Last update)
2013年11月19日 13時37分
質問
(Question)
天草(海藻・干物)からところてんを作りたい。つくり方が載っている資料はないか。
回答
(Answer)
『寒天・ところてん読本』 松橋 鐡治郎/著 農山漁村文化協会 2008年 P82~84
『寒天・トコロテンの科学』松橋 鐡治郎/著 光琳 2012年 
インターネット上では、海藻取扱業者、乾物取扱業者のサイトを中心に、画像入りで詳しく作り方が解説されているものが多い。
(一般社団法人日本野菜ソムリエ協会) http://blog.831s.com/labo/2009/06/12_tokoroten.shtml
回答プロセス
(Answering process)
件名「寒天」で、各種食品のつくり方の資料、内容を確認。寒天からのつくり方は載っているが、テングサからのつくり方は見当たらず。

『身近な食べもののひみつ 5 すがたをかえる魚・海そう』 学研 2006年 p.41 
詳しい分量等の記載はないが、製造手順がわかる。
これによると、テングサ等の海藻に、水を加えて煮出し、固めたものを「ところてんとところてんを凍らせて乾燥させたものを「寒天」という、という定義が載っている。

ところてん、寒天の定義を確認
『日本大百科全書』ニッポニカ 1994年
ところてん「寒天原藻のテングサなどを煮て、寒天質を抽出し、冷やし固めたもの。」寒天「テングサなどの煮汁を凍結・乾燥させた食品。」

『平凡社大百科事典』平凡社 1985年 
寒天「テングサなどの熱水抽出液の凝固物であるところてん(心太)を凍結乾燥した海藻加工品。」

『日本国語大辞典 第9巻』小学館国語辞典編集部/編集 小学館 2001年 P1192 ところてん「〔名〕(1)海藻のテングサを煮とかして、その煮汁をこし、型に流して冷やし固めた食品。」

『国史大辞典 第3巻』 国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1983年 P881 寒天「心太(トコロテン)を凍らせ乾燥させたもので心太の乾物ともいわれ、角天・細天(バラテン)などがあり、寒冷地の産物である。」

『寒天・トコロテンの科学』松橋 鐡治郎/著 光琳 には、心太(トコロテン)と寒天の違いについて詳細に書かれているほか、テングサ等海藻からトコロテンをつくる方法も、「非常に難しい技術、条件が隠されている(p.10)」としながらも詳細に解説されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
水産物利用.水産利用工業  (668 8版)
参考資料
(Reference materials)
平凡社大百科事典
日本大百科全書ニッポニカ  日本国語大辞典  国史大辞典  左記3点はオンラインジャパンナレッジより
キーワード
(Keywords)
寒天
ところてん
テングサ
海藻
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000134045解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!