このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
1380
事例作成日
(Creation date)
2017年11月14日登録日時
(Registration date)
2017年11月14日 19時22分更新日時
(Last update)
2021年05月25日 19時39分
質問
(Question)
「十二指腸」は杉田玄白が『ターヘル・アナトミア』(『解体新書』)を翻訳したときの造語で、12インチを指12本分の長さと誤訳したらしい。これは事実か。
回答
(Answer)
誤訳ではない。

玄白が訳した"Ontleedkundige Tafelen"(ヘラルト・ディクテン/訳)やその原書"Anatomische Tabellen"(ヨハン・アダム・クルムス/著)でも、十二指腸を「指12本分の長さ」と解説している。
「十二指腸」は古代ギリシャのヘロフィルスが命名した"dodekadaktylon"(指12本[分の幅])が語源である。
なお、実際の長さは指12本分よりやや長めの25~30cm。
回答プロセス
(Answering process)
■「十二指腸は誤訳」という解説があるのかを調べる
 図書館システムでキーワード「解体新書」+「杉田玄白」を検索。
 『解体新書』を収録する『日本思想大系 65 洋学 下』(広瀬秀雄/[ほか]校注 岩波書店)が見つかった。
 p.289「解体新書 巻の三 腸胃篇 第二十」に「十二指腸、その長さ十二指横径の如し」の一文と「十二指横径:指の幅を十二本合せた長さ」という注がある。
 たしかに玄白は十二指腸を指12本分の長さと訳していたが、誤訳とは書かれていない。

 その他
  ・『解体新書』(杉田玄白/[著] 東武書林)
  ・玄白の回想録である『蘭学事始』(杉田玄白/著 講談社)
  ・『杉田玄白』(片桐一男/著 吉川弘文館)など玄白の評伝
  ・『世界大百科事典 13 改訂新版 シユ-シヨエ』(平凡社)など百科事典の項目「解体新書」「十二指腸」「杉田玄白」
  ・『医学書院医学大辞典 第2版』(伊藤正男/総編集、井村裕夫/総編集、高久史麿/総編集 医学書院)など医学事典の項目「解体新書」「十二指腸」「杉田玄白」
 にも誤訳とは書かれていない。

■十二指腸の長さが12インチなのかを調べる
  ・『医学書院医学大辞典 第2版』p.1261の項目「十二指腸」…「長さ12横指(25cm)」
  ・『世界大百科事典 13 改訂新版 シユ-シヨエ』p.126の項目「十二指腸」…「ヒトのそれが指を12本横に並べた長さがあるところからこの名があるが、実際はそれよりやや長く25~30cm」
  ・『丸善単位の辞典』(二村隆夫/監修 丸善)p.19…「1インチ=25.4mm」
 12インチ=30.48cmとなり、十二指腸の長さ(25~30cm)に近い。
 『ターヘル・アナトミア』で12インチと書かれていた可能性は否定できない。

■『解体新書』と『ターヘル・アナトミア』などを照合して誤訳なのかを調べる
 『杉田玄白』p.90~96によれば、『解体新書』は
   原書でドイツ語の"Anatomische Tabellen"(ヨハン・アダム・クルムス/著)
     ↓
   オランダ語訳の"Ontleedkundige Tafelen"(ヘラルト・ディクテン/訳)
     ↓
   『解体新書』(杉田玄白/訳)
 の順番で翻訳されている。

 Googleでキーワード「Ontleedkundige Tafelen」、「Anatomische Tabellen」を検索。
 「慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション」で両書の本文画像を公開していた。

  ・"Ontleedkundige Tafelen"(ヘラルト・ディクテン/訳)と『日本思想大系 65 洋学 下』を照合。
   「十二指腸、その長さ十二指横径の如し」にあたる箇所はp.190(画像220)の
   "Duodenum, de Twaalf-vingerigen- darm: zynde ontrent twaalf vingeren lang;"
   にあたると思われる。
    ( https://dcollections.lib.keio.ac.jp/ja/anatomia/dutch )
   翻訳サイト「DeepL」( https://www.deepl.com/home ) と『講談社オランダ語辞典』(P.G.J.van Sterkenburg/監修、W.J.Boot/監修、日蘭学会/監修 講談社)で翻訳。
   上記の文は「十二指腸(オランダ語でTwaalf-vingerigen- darm):12指ほどの長さ」
   と読める。

  ・"Anatomische Tabellen"(ヨハン・アダム・クルムス/著)と『日本思想大系 65 洋学 下』を照合。
   「十二指腸、その長さ十二指横径の如し」にあたる箇所はp.158(画像190)の
   "Duodenum, der Zwölfffinger Darm: ist bey 12. quehr Finger lang/"
   にあたると思われる。
    ( https://dcollections.lib.keio.ac.jp/ja/anatomia/german )
   翻訳サイト「DeepL」と『クラウン独和辞典 第5版』(濱川祥枝/監修、信岡資生/監修、新田春夫/編修主幹 三省堂)で翻訳を試みるが、"Zwölfffinger""quehr"の単語の意味が不明。
   Googleで"Anatomische Tabellen"の書籍検索をしたところ、他の"Anatomische Tabellen"が見つかった。
    "Anatomische Tabellen"(Johann Adam Kulmus,Bey Caspar Fritsch,1741)
     ( https://books.google.co.jp/books?id=stEGyQEACAAJ&printsec=frontcover&source=gbs_atb&redir_esc=y#v=onepage&q&f=false )
   その本のp.94では
"Duodenum, der Zwölffingerdarm: ist bey 12 quer Finger lang"
   となっており、"Zwölfffinger"→"Zwölffinger"、 "quehr"→"quer"だった。
   単語を置き換えて再度翻訳すると、
   「十二指腸(ドイツ語でZwölffingerdarm):横指12本の長さ」
   と読めた。

以上より、原書"Anatomische Tabellen"(ヨハン・アダム・クルムス/著)、そのオランダ語訳"Ontleedkundige Tafelen"(ヘラルト・ディクテン/訳)でも指12本分と解説しており、玄白の誤訳ではない。

2021.4.29追記
十二指腸という言葉の変遷は以下のとおり。

前4-3世紀
ギリシャのヘロフィルスが指12本分に等しい長さの器官をdodekadaktylon(指12本[分の幅])と命名。(出典1、7~9)
 ↓
11世紀
ペルシャのイブン・シーナー(アヴィセンナ)が『医学典範』("Canon Avicennae""Canon")第3巻にそれを記す。(出典4~7、10~13)
 ↓
12世紀
クレモナのジェラルドが『医学典範』をラテン語訳。
dodekadaktylonは(intestinum) duodenum digitorum (指12本分[の長さの][腸])と訳される。duodenumはジェラルドによる造語。(出典2~5、7~9)
 ↓
~現代
duodenumがそのまま十二指腸をあらわすようになる。日本では杉田玄白が「十二指腸」と翻訳。(出典2、3、7~9)

出典
1.『人体観の歴史』(坂井建雄/著 岩波書店)p.23
2.『ランダムハウス英和大辞典 第2版』(小学館ランダムハウス英和大辞典第2版編集委員会/編 小学館)p.824
3.『シップリー英語語源辞典』(ジョーゼフ・T.シップリー/著、梅田修/訳、眞方忠道/訳、穴吹章子/訳 大修館書店) p.512~513
4.『西洋医学史ハンドブック』(ディーター・ジェッター/著、山本俊一/訳 朝倉書店 )p.134~135
5.『アラビア科学の話』(矢島祐利/著 岩波書店)p.142
6.『医学の歴史 1』(シンガー/[著]、アンダーウッド/[著]、酒井シヅ/訳、深瀬泰旦/訳 朝倉書店)p.76

7."Onomatologia anatomica"(Hyrtl,Joseph:Wien,1880) p.192~193
 ( https://digi.ub.uni-heidelberg.de/diglit/hyrtl1880/0214/text_ocr )
 ( https://digi.ub.uni-heidelberg.de/diglit/hyrtl1880/0215/text_ocr )
8.Wikipedeia「十二指腸」( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8#:~:text=%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%EF%BC%88%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%E3%80%81Duodenum,%E9%95%B7%E3%81%95%E3%81%AF%E7%B4%8425cm%E3%80%82 )
9.Online Etymology Dictionary"duodenum"
 ( https://www.etymonline.com/search?q=duodenum )
10.コトバンク「医学典範」
 ( https://kotobank.jp/word/%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E5%85%B8%E7%AF%84-201609 )
11.コトバンク「イブン・シーナー」    
 ( https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-171680#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2 )
12.個人HP「BHのアラビア研究入門アラビカ 『医学典範』」。1558年バーゼル版(中世ラテン語訳)の『医学典範』のリンク有。
 ( http://bh001.sakura.ne.jp/arabica01.html )
13."Avicennae"(Avicena,per Ioannes Heruagios, 1556)p.612
 ( https://books.google.fr/books?id=exbspAYrbHIC&printsec=frontcover&hl=fr&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false )

インターネットのリンク確認日:2021年5月12日
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
基礎医学  (491 10版)
その他のゲルマン諸語  (849 10版)
辞典  (843 10版)
参考資料
(Reference materials)
日本思想大系 65 洋学 下
世界大百科事典 13 シユーシヨエ
医学書院医学大辞典 第2版
世界大百科事典 13 改訂新版 シユ-シヨエ
丸善単位の辞典
杉田玄白
講談社オランダ語辞典
クラウン独和辞典 第5版
キーワード
(Keywords)
解体新書
杉田 玄白
ターヘル・アナトミア
Ontleedkundige Tafelen
Anatomische Tabellen
ヨハン・アダム・クルムス
ヘラルト・ディクテン
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000224650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!