このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知県産業労働センターあいち労働総合支援フロア産業労働情報コーナー (4110003)管理番号
(Control number)
愛勤H21-020
事例作成日
(Creation date)
2008年11月25日登録日時
(Registration date)
2009年05月12日 09時50分更新日時
(Last update)
2009年05月12日 10時26分
質問
(Question)
・ビジョン・ウェイの研修の仕方(経営理念や経営方針のことらしい)
・部課長(経営に関わる様な幹部)の育成、MBAの事例研究
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
<ビジョン・ウェイの研修>
[1] 「早期戦力化を目指す新入社員教育事例 大日本印刷―定期的なビジョン教育など充実した研修、現場では先輩がマンツーマンで指導―(労政時報 No.3710 20070928)」
[2] 「経営理念と人事方針・制度(「再現!誌上研修プログラム」人材マネジメント基礎講座 2)(賃金実務 No.964 20050215)」
[3] 「企業倫理・CSR研修―経営理念と行動基準を誠実に実行できる人材を育てる―(その道のプロが提案する 教育研修プログラム10)(企業と人材 No876 20060305)」
[4] 「Q 経営理念を社内に浸透させる研修をしたい(教育研修実務Q&A 55)(企業と人材 No.918 20080205)」
[5] 「人材育成に経営理念を活かせ(特集 「脱・大企業」を指向した人材育成)(人材教育 No.180 200312)」
[6] 「三井物産―経営理念体言のための気づきが研修テーマ―(特集 強い中堅社員をつくる)(人材教育 No.213 200609)」
[7] 「人事は経営理念の旗を振れ(はじめに夢ありき 1)(人材教育 No.205 200601)」
[8] 「ビジョナリーカンパニーをつくる(人が育つ組織のつくり方 5)(企業と人材 No.867 20051005)」

<部課長(経営に関わる様な幹部)の育成、MBAの事例研究>
[9] 「ミドルを覚醒させるマネジメント(331/Y863/2)」
[10] 「企業内ミドルマネジメントが十分な役割を果たすための人材育成に関する調査研究報告書(335/Ki64)」
[11] 「特集 トップ企業に見る研修体系と人材育成策(労政時報 No.3708 20070824)」
[12] 「特集 管理者の育成・研修は今どのように行われているか?(企業と人材 No.917 20080105・20)」
[13] 「特集 中間管理職の役割と育成を見直す(企業と人材 No.916 20071220)」
[14] 「特集 先進企業の人材育成戦略と教育体系 1(企業と人材 No.930 20080805・20)」
[15] 「特集 先進企業の人材育成戦略と教育体系 2(企業と人材 No.931 20080905)」
[16] 「特集 長期の視点から見直すコア人材の育成(企業と人材 No.933 20081005)」
[17] 「特集 ミドルが会社を変える!(人材教育 No.234 200806)」
[18] 「特集 次世代リーダーの条件(人材教育 No.238 200810)」
回答プロセス
(Answering process)
<ビジョン・ウェイの研修>
1. まず「ビジョン」「研修」というキーワードでOPACを検索。
2. 次に「経営理念」「研修」というキーワードに変えて検索。

<部課長(経営に関わる様な幹部)の育成、MBAの事例研究>
1. 「育成」というキーワードで検索。また、雑誌の索引で人材育成の項目を探した。
2. 人事管理(人材マネジメント)関連の分野の書棚をブラウズし、中間管理職以上対象(中高年など)のものを探して提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
経営管理  (336)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
人材
マネジメント
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人材開発
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000054717解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!