このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
尼崎市立歴史博物館 地域研究史料室 “あまがさきアーカイブズ” (5000006)管理番号
(Control number)
184
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2021年01月28日 11時49分更新日時
(Last update)
2021年02月27日 10時57分
質問
(Question)
尼崎地域の樽菰生産の歴史を知りたい
回答
(Answer)
江戸時代、主として現尼崎市域の北東部、猪名川流域の農村で、農閑期の副業として樽巻用の菰(こも、薦)が盛んに生産されました。尼崎城下の商人たちが作った菰縄仲買商組織「荒物仲間」に加えて、生産農家の代表者や村の仲買いたちが、樽菰や包装用の縄を農家から集荷し、灘五郷をはじめ遠くは三河国(現愛知県)の酒蔵にまで出荷していました。
江戸時代、池田・伊丹・灘五郷をはじめとする摂津・和泉の酒は、下り酒として大量に江戸へ輸送されました。樽廻船などに船積みして送るので、揺れる船内で保護するため樽に巻く菰が必需品でした。次第に装飾的要素も加味され、酒の銘柄ごとのデザイン「菰印」が刷り込まれ、菰造りに使用される稲藁の見栄えも重視されました。近代以降の聞き取り調査によれば、長い藁を確保するため、農家は倒伏の恐れがあっても丈が高い品種の稲を植え付け、藁の青みを残すために硫黄でくん蒸したりしていたと言います。
明治10年代に瓶詰めの酒が登場し、大正末には販売石数の6割が瓶詰めに変わったものの、樽詰め酒の販売石数そのものは減ることなく、樽菰生産も続けられます。昭和期に入ると、戦中・戦後初期の日本酒製造統制により生産が中断しますが、統制撤廃後は復活し、高度成長期には陶器製やガラス製の1.8リットル容器を包装した菰樽も販売されるようになります。それとともに、藁製に加えてポリプロピレン製の菰も生産されるようになっていきました。

現在、尼崎市塚口本町の二業者、岸本吉二商店と矢野三蔵商店が、菰の製造から菰印の印刷、菰樽の包装仕上げまでを手がけています。全国に出荷していて、国内有数の販売シェアを誇っています。
尼崎市立歴史博物館3階の階段ホールには、かつて尼崎城下で生産されていた酒銘柄の菰印を再現した菰樽(岸本吉二商店寄贈)を展示しています。
回答プロセス
(Answering process)
1 近世尼崎地域の樽菰生産について記す文献

◆『尼崎市史』第2巻第5節6「農村加工業の展開」p656~664(八木哲浩-あきひろ-執筆)

2 近現代の樽菰生産・販売等について記す文献

◆榎本利明著『菰樽ものがたり 尼崎地域の樽巻き菰製造』
◆「尼崎の伝統産業」
『図説尼崎の歴史』下巻/Web版 現代編第3節1辻川敦執筆「転換期を迎える尼崎の経済」掲載囲み記事
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai3-1.html#gendai3-1-07


3 樽菰生産について記録する古文書類

◆「田中種子氏文書」「田中七平氏文書」「川端正和氏文書」ほか
いずれも尼崎市立歴史博物館あまがさきアーカイブズ架蔵

4 尼崎地域を含む摂津国各郷で造られた酒の菰印を収録した文献

◆「摂州酒樽薦銘鑑」
 尼崎市史研究紀要『地域史研究』第4巻第2号・第3号収録、柚木学解説「摂州酒樽薦銘鑑」(一)(二)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
木工業.木製品  (583 9版)
食品工業  (588 9版)
経済史.事情.経済体制  (332 9版)
参考資料
(Reference materials)
尼崎市. 尼崎市史 第2巻. 尼崎市, 1968.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001106748-00  (当館請求記号 219/A/ア-2)
中村光夫 監修 : 榎本利明 執筆 , 榎本, 利明. 菰樽ものがたり : 尼崎地域の樽巻き菰製造. 「菰樽ものがたり」発刊委員会, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023813961-00  (当館請求記号 583.6/A/エ)
尼崎市立地域研究史料館 編 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 : 新「尼崎市史」 下巻. 尼崎市, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008466764-00  (当館請求記号 219/A/ア)
柚木学解説 摂州酒樽薦銘鑑(一)(二). 1974.10, 1975.2 尼崎市史研究紀要『地域史研究』 第4巻第2号・第3号 (逐次刊行物)
キーワード
(Keywords)
菰樽
酒造
江戸下り酒
農間余業
尼崎荒物仲間
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
特産品 郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000293049解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決