このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2020-006
事例作成日
(Creation date)
2019年7月31日登録日時
(Registration date)
2020年04月20日 13時09分更新日時
(Last update)
2021年01月11日 15時41分
質問
(Question)
金刀比羅宮祭礼図屏風が掲載されている資料を探している。
『金刀比羅宮 こんぴらさんへの招待』(藤田健写真 筑摩書房 2000)のp48-49に、「こんぴら祭礼図 狩野清信筆 六曲一双屏風」が掲載されているが、絵図が小さい。もっと大きく載っている資料を探している。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『日本屏風絵集成 第11巻 風俗画-洛中洛外』(講談社 1978)
 p98-99「金毘羅図」カラーの全体画像あり。
『日本屏風絵集成 第13巻 祭礼』(講談社 1980)
 p82「金毘羅図(部分)」カラーの部分画像あり。
 p101-102 p82の画像の一部を拡大した白黒の画像あり。
『金毘羅庶民信仰資料集 重要有形民俗文化財 第1巻』(日本観光文化研究所編 金刀比羅宮社務所 1982)
 p61「金毘羅祭礼図屏風」カラーの全体写真あり。
 p246-248「金毘羅祭礼図屏風」の項に説明と「金毘羅門前町」部分を拡大した写真2枚あり。
『金毘羅庶民信仰資料集 重要有形民俗文化財 第2巻』(日本観光文化研究所編 金刀比羅宮社務所 1983) 
 p38「北神苑の鳥居」に祭礼図屏風の部分を拡大した写真あり。
 p42「新町の鳥居」に祭礼図屏風の部分を拡大した写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈フルテキスト:金比羅宮〉〈金毘羅〉屏風絵〉〈フルテキスト:狩野清信〉〈祭礼図〉検索する。
 
2 参考図書を調査する。
『日本美術作品レファレンス事典 絵画篇 近世以前』(日外アソシエーツ株式会社編集 日外アソシエーツ 1998)
 p284「金毘羅図」に「日本屏風絵集成」(11巻:洛中洛外、13巻:祭礼・歌舞伎)の情報あり。

3 2に掲載のあった資料『日本屏風絵集成 第11巻 風俗画―洛中洛外』、『日本屏風絵集成 第13巻 祭礼』、『日本美術作品レファレンス事典 第2期 絵画篇(近世以前・浮世絵・近現代)』を確認する。

4 《Japan Knowledge》(ネットアドバンス)を〈金刀比羅宮〉〈金毘羅祭礼図屏風〉〈祭礼図屏風〉で検索するが、いずれも関連する記述なし。

〈その他調査済み資料〉
『金刀比羅宮』(琴陵光重著 学生社 1970)
『金毘羅信仰研究』(近藤喜博著 塙書房 1987)
『金毘羅信仰』(守屋毅編 雄山閣出版 1987)
『金毘羅庶民信仰資料集 重要有形民俗文化財 第3巻』(日本観光文化研究所編 金刀比羅宮社務所 1984)
『近世の屏風絵 企画展』(兵庫県立歴史博物館編 兵庫県立歴史博物館 1988)
『金刀比羅宮と桜 特別公開桜樹木地蒔絵 特別展』(香川県歴史博物館編 香川県歴史博物館 2004)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年7月30日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 9版)
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本屏風絵集成 第11巻 風俗画―洛中洛外』(講談社 1978), ISBN 4-06-128311-1
『日本屏風絵集成 第13巻 祭礼』(講談社 1980), ISBN 4-06-128313-8
『金毘羅庶民信仰資料集 重要有形民俗文化財 第1巻』(日本観光文化研究所編 金刀比羅宮社務所 1982)
『金毘羅庶民信仰資料集 重要有形民俗文化財 第2巻』(日本観光文化研究所編 金刀比羅宮社務所 1983)
キーワード
(Keywords)
神道美術
屏風絵
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
美術
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000280788解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!