このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
202116
事例作成日
(Creation date)
2015年05月01日登録日時
(Registration date)
2021年03月12日 16時55分更新日時
(Last update)
2021年03月12日 17時01分
質問
(Question)
ヨ-ロッパでペストが大流行したときの死者数は?
人口の3分の1とか3分の2とか聞いた気がするが
回答
(Answer)
ヨーロッパ全体の人口統計がない時代ですので、正確な死者数は不明です。
 
・ゴットフリートによれば「全ヨーロッパの死亡率を25パーセントから45パーセントのあいだ」
・ベネディクトヴによれば「黒死病当時のヨーロッパの総人口を8000万、黒死病の死者を約5000万人」
・ヘッカーはヨーロッパの総人口概算一億を基礎として全ヨーロッパでの死者数を2500万人程度
・『世界史を変えたパンデミック』によれば「14世紀中ごろの大流行はヨーロッパの人口の30~40%、2500万人~4000万人の命を奪ったといわれている」
・『ビジュアル・パンデミックマップ』によれば「当時8000万人だったヨーロッパの人口の60%が死亡し世界全体では7500万人から2億人が命を落とした」とあります。
 
 
『ペストの歴史』(山川出版社)、『ペスト大流行』(岩波書店)に死者数の推定について詳しい記述がありますのでご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
①まず「ペスト」で検索
 
②だいたいの時代が分かったので、その時代を扱ったヨーロッパ史の本を見る
 
③世界史の辞典類を見る
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ヨーロッパ史.西洋史  (230 9版)
内科学  (493 9版)
参考図書[レファレンスブック]  (203 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ペストの歴史』 宮崎揚弘/著 山川出版社 2015.5 230 P95~ 黒死病による人口減少, ISBN 978-4-634-64076-4
『ペスト大流行』 村上陽一郎/著 岩波書店 198303 230.4 P122~ 死者の推定, ISBN 4-00-420225-6
『世界史を変えたパンデミック』 小長谷正明/著 幻冬舎 2020.5 493.8 P21, ISBN 9784344985926
『朝日百科世界の歴史 6 14-15世紀』 朝日新聞社 199100 209, ISBN 4-02-380008-2
『世界歴史大事典 7』 芳賀登/編集 教育出版センター 199509 203.3, ISBN 4-7632-3977-5
『詳説 世界史研究』 木下康彦/編 山川出版社 200801 209, ISBN 978-4-634-64033-7
『ビジュアルパンデミック・マップ』 サンドラ・ヘンペル/著 日経ナショナルジオグラフィック社 2020.3 493.8 P135, ISBN 9784863134553
キーワード
(Keywords)
ペスト
黒死病
疫病
感染症
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000295195解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!