このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
NDL-伏見中央-2
事例作成日
(Creation date)
2011年07月20日登録日時
(Registration date)
2011年07月20日 17時18分更新日時
(Last update)
2011年07月30日 09時47分
質問
(Question)
京都競馬場の土地は,以前何があったところか知りたい。(江戸~明治期あたり)
回答
(Answer)
【資料1】【資料2】によると,競馬場以前の土地は湿地帯であったという記述があった。
また【資料5】の地形図で競馬場あたりの位置を確認すると,そのあたりは田と荒地であったことがわかった。
回答プロセス
(Answering process)
京都競馬場関連の自館資料を調査したところ,【資料1】に以下のような記述があった。
「競馬場を須知町から現在の所在地,京都市伏見区葭島渡場町(事務所・京都府久世郡淀町)に移すことに決し,~この土地は広大な湿地帯であって~」
【資料2】にも同様の記述あり。
【資料3】競馬場以前の土地については,「淀の電鉄所有地」だったという記述だけであった。
【資料4】によると,「京都競馬場は,大正14年(1925)12月に,現在地に移転した。~当時は京阪電車の買収地と京都府の管理地を含んでいた。土地が湿地帯であるため工事は難行したという。」と記述あり。
【資料5】二万分の一地形図(1912)で,競馬場の位置を確認すると,田と荒地となっていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
近畿地方  (216 8版)
相撲.拳闘.競馬  (788 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『日本競馬史 3巻』 日本中央競馬会 (1968) p532~p533
【資料2】『日本馬政史 続2』 神翁顕彰会 (1963) p771
【資料3】『京都競馬場80年史』 日本中央競馬会京都競馬場 (2005) p43
【資料4】『淀納所・小史』 凡雅舎 (1991) p73~p75
【資料5】『淀 二万分の一地形図』 大日本帝国陸地測量部 (1912)
キーワード
(Keywords)
京都競馬場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!