このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2009-0006
事例作成日
(Creation date)
2009年12月12日登録日時
(Registration date)
2010年06月01日 17時04分更新日時
(Last update)
2010年12月10日 08時57分
質問
(Question)
元禄時代の鮎貝(あゆかい)に関する俳諧人について、時代背景のわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
当館所蔵の資料の中から、下記を御紹介いたします。
資料①P145~P147
資料②P771~P778
資料③P206~P208
資料④P109~P117

なお、元禄時代を生きた山形の俳人として「鈴木清風(すずきせいふう)」(1651-1721)「図司呂丸(ずしろがん)」(生年不明-1693)がございます。山形県立図書館ホームページ( http://www.lib.pref.yamagata.jp/) より、山形県関係文献目録のタグをクリックいただき、人物編「さ」行に関係する資料がございますので、あわせてご覧下さい。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項の「鮎貝御役屋」「本庄氏」について調べる(資料①②より)

1.「鮎貝(あゆかい)」について
現在の山形県白鷹町鮎貝。藤原鎌足を祖とし、成宗が鮎貝に鮎貝城を築き、以来鮎貝氏と称した。
鮎貝城は応永3年(1396)築城、天正15年(1587)落城。最上川左岸段丘を利用した城である。

2.「御役屋」について
元禄5年(1692)各支城の名称が「御役屋」と定まり、以後城代は役屋将と称された。最大の任務は、領境に於いて他藩からの攻撃を防備することであった。鮎貝は左沢領に隣接する要衝の地である。

3.「本庄氏」について
寛永5年(1628)本庄政長が福島より移封され、明治に至るまで本庄氏が城代をつとめた。

以上から、元禄時代について絞り込む。
元禄時代、鮎貝の役屋将は「本庄出羽政長」(寛文5~元禄16)「本庄近江英長」(元禄16~享保6)であることがわかった。その時代の俳諧人について調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
鮎貝御役屋の本庄氏に伝わる資料を持っている
NDC
日本史  (210 9版)
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①鮎貝の歴史前篇/鮎貝郷土史編纂委員会編/1955(K272.2/アユ)
資料②白鷹町史上巻/白鷹町史編纂委員会編/1977(K272.2/シラ/1)
資料③あらと百物語/荒人・乱舞実行委員会編/1991(K272.2/アラ)
資料④米沢市史編集資料 第4号 米沢の俳諧/米沢市編さん委員会編/1981(K274.1/ヨネ/4)
※( )は自館の請求記号です。
キーワード
(Keywords)
元禄時代
白鷹町
俳諧
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067271解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!