このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112568
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2012-010
事例作成日
(Creation date)
2012年10月17日登録日時
(Registration date)
2012年10月17日 09時58分更新日時
(Last update)
2012年10月17日 09時58分
質問
(Question)
1950年代にインドのネルー(Jawaharlal Nehru)首相が日本を訪問した時の記録を探しています。
回答
(Answer)
 第11回外交記録公開で公開された外務省記録「インド要人本邦訪問関係雑件 ネール首相関係」に関係記録が含まれています。
 インドのネルー首相は、1957(昭和32)年10月4日に国賓として来日し、10月13日まで滞在しました。同年5月には岸信介(きし・のぶすけ)首相がインドを訪問しており、その際、ネルー首相が日本訪問の意思を示したことを受けて、来日が実現したものです。
 日本滞在中、ネルー首相は、岸首相や藤山愛一郎(ふじやま・あいいちろう)外相など、日本側の要人と会談したほか、広島や奈良・京都など日本各地を視察しました。会談では、軍縮や核実験禁止問題など国際情勢に関する問題について意見交換がなされるとともに、日本・インド間の通商貿易や経済協力促進の必要性について話し合われ、13日に共同コミュニケが発表されました。また、視察先では、広島の原爆資料館(平和記念資料館)や奈良・東大寺の大仏、京都御所などを訪問したとの記録が残っています。
 なお、ネルー首相は10月8日に、上野動物園を訪問しました。当時、上野動物園では、1949(昭和24)年に東京の小学生の要望に応えてネルー首相から贈られたインド象が飼育されていました。上野動物園でネルー首相は、同首相の令嬢の名をとって「インディラ」と名づけられたこのインド象と対面しました。この時の様子を伝える写真は、外務省記録「国賓訪日記念写真アルバム ネール・インド首相」に綴られています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112568解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!