このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112563
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2012-005
事例作成日
(Creation date)
2012年10月17日登録日時
(Registration date)
2012年10月17日 09時51分更新日時
(Last update)
2012年10月17日 09時51分
質問
(Question)
大正天皇の即位を記念してハワイのホノルル市に設置された「鳳凰噴水塔」に関する記録はありますか。
回答
(Answer)
 大正天皇の即位式は1915年(大正4年)11月10日に予定されており、ハワイの在留邦人はこれを記念して製作した建造物をホノルル市に寄贈し、永久保存することを希望しました。そこで「御即位大礼奉祝会」の委員長を務めた在ホノルル領事有田八郎(ありた・はちろう/後の外務大臣)が中心となって、同市公園内に記念噴水塔を設置する計画が同年夏頃に持ち上がりました。当初の計画では、東京日比谷公園内にある「鶴の噴水」(現存)がモデルとされましたが、奉祝会においてそれ以上のものを希望する声が出たため、外務省を通じて東京美術学校(現・東京芸術大学)に設計を依頼し、その結果、上部に鳳凰を戴いた噴水塔とすることに決定しました。この鳳凰噴水塔の設計は同校出身の建築家・和田順顕(わだ・じゅんけん)が担当し、鳳凰の高さが6尺(約1.8m)、台座を含めた全体の高さは43尺3寸(約13.1m)という巨大な噴水塔の製作が計画されました。
 噴水塔の製作が東京美術学校に正式発注されたのは、即位式典後の1916年(大正5年)4月のことでした。製作費用(9,700円)はハワイ在留邦人の寄付によって賄われ、製作は日本で行い、完成した部品を輸送して現地で組み立てることとなりました。噴水塔は石造部分と金属部分に分けて製作され、先に完成した石造部分は同年11月に春陽丸で現地へ届けられました。しかし、水盤など金属部分の製作は難航し、また製作者の病気により作業が中断するなどしたため、すべての部品が現地に届けられたのは、それからさらに2年後の1918年(大正7年)11月になってからのことでした。こうした紆余曲折を経て、鳳凰噴水塔はホノルル市内のカピオラニ公園に設置され、1919年(大正8年)3月に除幕式が行われました。
 これら鳳凰噴水塔の設置をめぐる外務省と在ホノルル総領事館および東京美術学校とのやり取りに関する史料は、外務省記録「大正天皇御即位関係一件 記念事業関係」に含まれています。
 なお、カピオラニ公園の鳳凰噴水塔は太平洋戦争勃発後に撤去されました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000112563解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!