このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092064
提供館
(Library)
外務省外交史料館 (5000003)管理番号
(Control number)
2011-013
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2011年10月07日 02時13分更新日時
(Last update)
2011年10月07日 10時12分
質問
(Question)
1960年(昭和35年)の皇太子・同妃殿下ご訪米の記録はありますか。
回答
(Answer)
皇太子明仁親王殿下と美智子妃殿下(現在の天皇皇后両陛下)は、1959年(昭和34年)にご結婚され、翌年2月には浩宮徳仁親王(現在の皇太子殿下)が誕生しました。両殿下のご成婚と徳仁親王ご誕生を祝福する盛り上がりは、当時社会現象となりました。

 1960年、両殿下は日米修好通商百周年を記念して米国政府より招待を受けました。両殿下は9月22日に日本を出発し、ホノルル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、シアトル、ポートランドを訪問し、10月7日に帰国されました。

 訪問先の各都市では官庁、学校等の教育施設、美術館・博物館等の文化施設を視察されたほか、日系人や日米協会の関係者とも交流されています。各地で盛大な歓迎を受けましたが、中でも日系人が7万人居住していたロサンゼルスの歓迎ぶりは熱烈で、空港には4千人もの人が押し寄せ、リトル・トーキョーでは約1万人の日系人が日米両国旗をもって両殿下を迎えました。また、ディズニーランドではウォルト・ディズニー自らが園内を案内し、日本の花火が打ち上げられるなどの歓迎を受けました。

 これらの文書は第14回外交記録公開で公開された外務省記録「皇太子同妃両殿下御訪米関係一件」に収録されています。同ファイルには各都市の領事からの報告や現地新聞の紙面が収められているほか、ニューヨークの音楽芸術高校(The High School of Music & Art)を訪問した様子を伝える同校学園新聞も残されています。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000092064解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!