このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000153055
提供館
(Library)
龍谷大学図書館 (3310086)管理番号
(Control number)
RS2013018
事例作成日
(Creation date)
2014年03月26日登録日時
(Registration date)
2014年05月07日 15時54分更新日時
(Last update)
2014年09月26日 14時54分
質問
(Question)
市民マラソンがいつ頃からどのくらい増えているのかというデータを知りたい。また人気の理由を知りたい。
回答
(Answer)
市民のマラソンへの関心は、東京マラソン開催によって高まったところが大きいようで(*1)、
東京マラソン開催の前年(2006年)から、マラソン人口は増加しています。(*2)
また、東京マラソン開催によるマラソン人口の増加や、経済効果の高さから、
町おこしの一環として、市民参加型の大会を開催する自治体が増えました。
各地で趣向を凝らしたマラソン大会が開催されており、
給水ポイントで特産の果物が食べられる、参加賞としてその土地の工芸品をもらえる等、
参加特典に魅力を持たせることで、走ることを目的としたランナー以外の参加者を獲得しています。(*3)
また、スポーツブランドがデザイン性の高いウエアを発表していったことが女性ランナーの急増に繋がったようです。
女性を対象にしたマラソン大会の開催も、マラソン人気を後押ししています。(*4)


*1
●「日本健康教育学会誌」18(4) 2010年 p.278-288
  岡本佐智子ほか/マラソン大会開催地域の自主サークル参加者によるマラソン継続の要因」

●「朝日新聞」2010年1月30日夕刊 14ページ
  皇居ラン 4500人 回る回るランナー急増は、2007年に始まった東京マラソン前後から

*2
笹川スポーツ財団によるプレスリリース(「ジョギング・ランニング人口」増加 推計1000万人を超える!)
http://www.ssf.or.jp/press/pdf/121005_press_release.pdf

*3
●「朝日新聞」2013年11月15日夕刊 1ページ
  市民マラソン うちで走って
●丸山智由/市民マラソンを通じた地域 ・産業振興~東京マラソンの概要と全国各地の事例
●日経トレンディ2012年8月号 Here it comes 3
スポーツ グルメ 走りながら「地場グルメ」に舌鼓 “イベント系マラソン”が急増中
●関東財務局・経済調査課/“走り”が生み出す経済効果
~マラソンブームと市民マラソン大会―埼玉県内の例―~

*4
●「朝日新聞」2009年10月16日朝刊 18ページ
 さっそう おしゃれランナー

●「朝日新聞」2011年10月6日朝刊 26ページ
 アサヒ・ラン・ガールズ

【補足】
龍谷大学図書館に所蔵がありませんが、近隣の公共図書館で所蔵している下記の図書も参考になりそうです。
『市民マラソンの輝き-ストリートパーティーに花を!』大島幸夫
『東京マラソン』ベースボール・マガジン社新書/ 遠藤雅彦
回答プロセス
(Answering process)
以下のワードを組み合わせて、主に下記の5つのツールで検索を行いました。
マラソン/ジョギング/ランニング/ランナー/ジョガー/市民/スポーツ/地域活性/笹川スポーツ財団

①R-WAVE(本学蔵書検索システム)で検索→学内には該当資料なし
 BOOKPLUSでキーワード検索。滋賀県立図書館横断検索で近隣の公共図書館の所蔵を確認。
②CiNii(日本の学術論文情報データベース)で検索
③商用データベース「日経BP記事検索サービス」で検索
④新聞記事検索系データベースで検索   
⑤Googleで検索
   マラソンブームに言及している資料の多くは、「笹川スポーツ財団」が行った統計調査をもとに、解説を
   行っています。「笹川スポーツ財団」のホームページに下記の情報がありました。
    ・ジョギング・ランニング人口増加関連データ
      ・マラソンブーム関連コラム
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
スポーツ.体育  (780 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
マラソン
ジョギング
ランナー
市民 スポーツ
笹川スポーツ財団
地域活性
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※すべて2000年以降の情報を希望。ジョギング・ランニングも調査対象に含む。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000153055解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!