このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000234750
提供館
(Library)
同志社大学 ラーネッド記念図書館 (3300006)管理番号
(Control number)
2017-009
事例作成日
(Creation date)
2017年12月04日登録日時
(Registration date)
2018年04月16日 10時05分更新日時
(Last update)
2019年08月21日 17時48分
質問
(Question)
平成19年(2007)から平成29年(2017)の三重県の年間宿泊者数を調べると、年によって増減が大きい。その背景を考えるために、該当年の三重県での行事を知りたい。
回答
(Answer)
『旅行年報』(①本学2017年のみ所蔵あり)、『観光レクリエ-ション入込客数推計書 : 観光客実態調査報告書』(②本学所蔵なし)の資料の説明と案内をしました。
詳細は回答プロセス欄を参照ください。
回答プロセス
(Answering process)
■本学蔵書検索、CiNii Articles、本学契約データベースJapanKnowledge Lib等で資料を探したが、質問者の希望するデータ、資料などは見あたらなかった。
 キーワード:三重県、観光、行事、イベントなど。

■三重県のホームページ内を探してみるが、観光客数などのデータは出てくるが、行事・イベントは見あたらなかった。
・三重県ホームページ  http://www.pref.mie.lg.jp/index.shtm [参照 2017-12-04]

■三重県に限らず、観光地全体の動向を網羅した『旅行年報』を調べてみる。
・日本交通公社『旅行年報』(①本学2017年のみ所蔵あり)
  国立国会図書館に所蔵がある。
  2014年以降は、日本交通公社ホームページよりPDFファイルで閲覧可能。
    https://www.jtb.or.jp/publication-symposium/book/annual-report [参照 2017-12-04]
「観光地の主要な動き」中部の項目に三重県の行事が詳しく載っている(大きな行事がない時は掲載自体がなし)

■『平成28年観光レクリエーション入込客数推計書・観光客実態調査報告書』(②本学所蔵なし)(三重県ホームページ内に記載あり)[参照 2017-12-04]
   三重県ホームページ→観光・産業・しごと→観光→三重の観光→観光統計→『平成28年観光レクリエーション入込客数推計書・観光客実態調査報告書』
三重県の主な行事、イベントが平成元年から掲載された『観光レクリエーション入込客数(実数)の推移』の記載もあり。
国立国会図書館に所蔵あり(2005、2010、2011-2016年)。

上記の結果を質問者にお知らせする。調査終了。
事前調査事項
(Preliminary research)
三重県の年間宿泊者数を調べた上で、『観光白書』を調べた。(が、質問者の求める行事の記述は見つからず)。
NDC
観光事業  (689)
参考資料
(Reference materials)
①旅行年報 2007. 日本交通公社観光文化事業部, 2007-09.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I052163213-00 , ISBN 9784902927191
②三重県農水商工部観光局観光・交流室 編集 , 三重県農水商工部観光局観光・交流室. 観光レクリエ-ション入込客数推計書 : 観光客実態調査報告書 : 全国観光統計基準採用 平成22年. 三重県農水商工部観光局観光・交流室, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I081572551-00
キーワード
(Keywords)
三重県
観光
年間宿泊者数
行事
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000234750解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!