このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000170634
提供館
(Library)
上田情報ライブラリー (2310288)管理番号
(Control number)
24-N-03
事例作成日
(Creation date)
2012年08月18日登録日時
(Registration date)
2015年04月10日 15時54分更新日時
(Last update)
2015年08月24日 15時26分
質問
(Question)
『日本霊異記』という本の中に、長野県から「他田舎人蝦夷(おさだのとねりえびす)」と「大伴連忍勝(おおとものむらじおしかつ)」という話が収録されているが、現代語版はあるか
回答
(Answer)
資料①『現代口語訳 信濃古典読み物叢書 第9巻』P20~「死者が生き返った二つの話」に「『日本霊異記』の中には信濃のを舞台にした不思議な話が二つ載っている」とあり、以下の2つの話の現代語訳がある。

◆P23「生き返った蝦夷の話」
◆P28「報いを受けた忍勝の話」

また、資料②『上田小県誌 第1巻 』P140「第九章 『日本霊異記』と小県郡」にも記載がある。
◆P141「重いはかりで人の物をとり、また法華経を写して現に善悪二つの報いを得た話(下巻第22話)」(他人舎人蝦夷)
資料②では「他田舎人蝦夷」の読みは「おさだのとねりえみし」となっている。

◆P142「寺の物を用い、また大般若経を写す願を立て、善悪の報いを得た話(下巻第23話)」(大伴連忍忍勝)
回答プロセス
(Answering process)
1.自館のOPACで「日本霊異記」を検索し、資料①『現代口語訳 信濃古典読み物叢書 第9巻』がヒット。2つの話が収録されていた。

2.P20「死者が生き返った二つの話」を見ると、他田舎人蝦夷の話は青木村の大法寺のある当郷という地域あたりのもので、大伴連忍勝は東部町に住んでいたという記述があった。

3.青木村も東部町も小県郡であることから(東部町は現在長野県東御市となっている)、資料②「上田小県誌 1巻」を見たところ、記述を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910)
作品集  (918)
参考資料
(Reference materials)
資料①『現代口語訳 信濃古典読み物叢書 第9巻』信州大学教育学部附属長野中学校/編 信濃教育会出版部 1992 【N908シナ】
資料②『上田小県誌 第1巻』上田・小県誌刊行会/編集 小県上田教育会 1980 【N221】
キーワード
(Keywords)
日本霊異記
説話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000170634解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!