このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
富里市立図書館 (2310281)管理番号
(Control number)
H16-1 富里市
事例作成日
(Creation date)
2004年10月19日登録日時
(Registration date)
2020年05月14日 15時47分更新日時
(Last update)
2020年05月28日 13時05分
質問
(Question)
明治から戦後にかけて、川越近辺の武蔵野(武州)地方から、富里市の武州地域へ開拓のため移住してきた人達について調べている。
いつ、どこからどこへ移住したか、移住した人数などが記載された資料が見たい。
また、入って来たものの他所へ出て行った人について分かる資料もあれば見たい。
回答
(Answer)
市の生涯学習課へ問合せたところ、「現状では「富里村史」よりも詳しい資料はない」との事でした。

・「富里村史 通史編」の『第6章 近・現代 ― 第三節 明治の開墾―七栄・十倉―』の中に、埼玉移住民の記述があり、明治3年に武蔵国入間郡南入曽村やその近辺の村々から志願者が、栗原貫三という人物を中心に開墾の願書を出し、開墾に着手したとあります。(p708)
・同資料(p708-709)には明治5年6月15日付の「生国戸籍取調十倉開墾送籍帳」を整理したものが掲載されており、氏名と屋敷番号、移住年月が分かりますが、どこから移住したのかについての記述はありません。
・次いで明治6年2月までに新たに4名が加えられていますが、この4名が武蔵野地方からの移住民かは不明です。(「十倉開墾相続願控」)
・また、戦中・戦後の移住民について、埼玉からの移住民についての記述は見受けられませんでした。

千葉県立図書館へ調査を申込んだところ、以下の資料には該当の情報はないことが分かりました。
 「川越大事典」川越大事典編纂会/編纂 国書刊行会 1988
 「埼玉県史」埼玉県史編纂委員会/編 埼玉県 1939
 「武蔵野市」成蹊大学政治経済学会/著 武蔵野市市役所 1957
 「開拓農民の記録」野添 憲治/著 社会思想社 1996
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
参考資料
(Reference materials)
富里村史編さん委員会 編 , 富里村 (千葉県). 富里村史 通史編. 富里村, 1981.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002233713-00
キーワード
(Keywords)
富里市
武蔵野
開墾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282119解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!