このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000800
事例作成日
(Creation date)
2020/1/15登録日時
(Registration date)
2020年03月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 00時30分
質問
(Question)
【ふぐ卵巣糠漬けの法令について】  ふぐの卵巣の糠漬けが石川県で加工・販売が許可されているが、昭和55年に許可に関する法令が出されたと聞いている。それについて書かれた資料を見たい。
回答
(Answer)
質問内容について書かれた資料は確認できなかった。

インターネット上でふぐ関係の法令は確認できるが、昭和55年に出されたものは見つけられなかった。
「石川県ふぐの処理等の規制に関する条例」(平成18年6月30日)【URL】 https://www1.g-reiki.net/ishikawa/reiki_honbun/i101RG00001147.html
「フグの衛生確保について(局長通知)」(昭和58年12月2日)【URL】 https://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/kanshi/s58_1202-2.html
「ふぐ糠漬の認証基準」(平成5年1月20日)【URL】 https://www.pref.ishikawa.lg.jp/nousan/furusato/documents/2-03hugu.pdf
また、オンラインデータベース「D1.low.com」で昭和55年前後の食品衛生法等を調べたが、ふぐの毒に関するものはなかった。

ふぐ糠漬けの始まりについては、以下に関連する記載がある。
『魚の発酵食品』(112214399)p.98に、「享保12年(1727)の租税覚え書きの中にフグ糠漬けの記録がある」と記されている。
『本吉港の歴史』(119956307)p.57~58には、本吉(現白山市美川地区)イワシやフグの糠漬けや粕漬を扱う四十物商売が少なくとも文政5年(1808)には営まれていた旨が記されている。

その他、郷土の食文化に関する資料や、ふぐの卵巣の毒に関する資料を調査したが、関連する記述はなかった。
『料理無言抄』(109227330)
『伝統食品・食文化in金沢』(119596230)
『発酵食品学』(113251190)
『化学と工業 58』「フグの子糠漬け」【URL】 https://kanazawa-u.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=10655&item_no=1&page_id=13&block_id=21
『日本水産学会誌 16』「フグ卵巣糠漬に就て」【URL】 https://www.jstage.jst.go.jp/article/suisan1932/16/8/16_8_335/_article/-char/ja/
(以上は全て2020年2月6日最終閲覧)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術  (5 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000275347解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!