このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000262268
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000756
事例作成日
(Creation date)
2019/6/12登録日時
(Registration date)
2019年10月03日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年10月03日 00時30分
質問
(Question)
【明治前期の石川県の人口について】  大石川県時代の石川県の人口は180万人ほどいて、日本で一番多かったと聞いているが、その数字の載っている資料はあるのか。
回答
(Answer)
ここでいう「大石川県」とは、現在の富山県全域、福井県の一部も石川県に含まれていた時期のことを指す。
石川県の県域の変遷については、『図説金沢の歴史』(109173982)p.115に記されている。同書によると、明治9年(1876)8月~明治14年(1881)1月が「大石川県」の時代になる。
明治以降大正9年(1920)の国勢調査開始以前の人口統計については、以下の資料にまとめられている。
速水融『歴史人口学の世界』(111818770)p.98~105
同書に記載のある『国勢調査以前日本人口統計集成』は当館に所蔵なし。
明治13年~『日本全国人口表』(明治15~19年は『日本全国戸口表』)が作成されていた旨が記されている。
その他、同著者の以下の論文がインターネット上で公開されている。
『日本研究 9号』「明治前期人口統計史年表」※日文研オープンアクセスで閲覧可能
【URL】 https://nichibun.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=884&item_no=1&page_id=41&block_id=63
『日本学士院紀要 68-1』「国勢調査以前の人口調査」※J-STAGEで閲覧可能
【URL】 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tja/68/1/68_KJ00008713261/_pdf/-char/ja
国立国会図書館デジタルコレクションで上記の資料を検索。
『日本全国民籍戸口表 明治13年』が公開されており、p.42~43に石川県の郡別人口がまとめられている。合計欄には「一八三三、七七八」と記載されている。
【URL】 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/805937
『明治大正国勢総覧』(129359800)p.637「地方別現住人口表」に明治13年始の各県の本籍人口がまとめられている。石川県は1,833,778となっている。
『地域経済統計』(11053831)に国別及び府県別人口が収録されている。「大石川県」時代の統計もあるが、旧国名ごとの人口もしくは現在の県域での人口表記となっている。

以下の統計資料には、「大石川県」時代の人口の記載なし。
『日本統計年鑑 第68回』(113683660)明治前期の人口は全国のもののみ記載。都道府県別は大正9年以降収録。
『日本長期統計総覧 第1巻』(11094333)明治17年以降の都道府県別人口が収録(毎年ではない)。
『都道府県の人口 その17 石川県の人口』(129364140)大正9年以降(国勢調査)の人口を記載。
総務省統計局ホームページ「日本の長期統計系列」の「都道府県、男女別人口」は明治17年以降の人口を記載。
【URL】 https://www.stat.go.jp/data/chouki/02.html
政府統計の総合窓口e-Stat「我が国の推計人口」大正9年以降の人口を記載。
【URL】 https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00200524&tstat=000000090001&cycle=0&tclass1=000000090004&tclass2=000000090005
『調査資料 第3輯 (明治五年以降我国の人口)』明治5年の各県人口の記載あり。※国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。
【URL】 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1452778
「明治五年以降我国の人口」の推計方法については、『日本人口論』(112006583)p.9に記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000262268解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!