このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067652
提供館
(Library)
新居浜市立別子銅山記念図書館 (2310219)管理番号
(Control number)
新ー0021
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2010年06月09日 16時06分更新日時
(Last update)
2013年02月16日 14時22分
質問
(Question)
昭和通りはいつどのようにしてつくられたか
回答
(Answer)
『写真集 明治大正昭和 新居浜ふるさとの思い出』に昭和通りの写真があり、“昭和6年に開通、鷲尾堪解治翁が提唱した”とある。
『鷲尾勘解治翁』には、“都市計画の樹立”に昭和6年2月の完成とあり、経過と自ら昭和通りと名付け、橋の名を「昭和橋」と命名し、橋柱を自ら書いたとある。
『鷲尾勘解治自伝』には、「私の考えた新居浜の将来」という翁の講演記録に昭和通りをつくり、白石町長はこれを県道として申請した」とある。
『白石誉二郎翁傳』には、、「昭和通りの構想と完成」として詳しく記載されている。
『新居浜産業経済史』の年表には、昭和6年2月新居浜町内の県道改築の第1期工事の記載あり。
『郷土研究 第47号』には、県道解地区落成式7月5日の記事が載っており、その中には昭和5年2月7日から西条新居浜線の工事が始まり、同年11月から垣生新居浜線に着手し、昭和6年6月10日竣工、とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
経済史.事情.経済体制  (332 9版)
参考資料
(Reference materials)
『写真集 明治大正昭和 新居浜 ふるさとの思い出』 (合田 正良/編 国書刊行会 1980)
『鷲尾勘解治翁』 (新居浜市/編 1954)
『白石誉二郎翁伝』 (白石誉二郎翁伝記刊行協賛会 1975)
『新居浜産業経済史』 (新居浜市/編)
『郷土研究 第1号~120号』 (愛媛県新居浜東高等学校郷土研究部/編)
キーワード
(Keywords)
鷲尾勘解治
白石誉二
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000067652解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!