このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
多治見市図書館 (2310097)管理番号
(Control number)
多治見-63
事例作成日
(Creation date)
2015年02月12日登録日時
(Registration date)
2015年04月25日 10時30分更新日時
(Last update)
2015年07月31日 13時24分
質問
(Question)
吉川英治の随筆「梅と話す人」が読みたい。
回答
(Answer)
該当資料『吉川英治全集47巻 草子堂随筆』を紹介、提供した。
回答プロセス
(Answering process)
自館OPACで「梅と話す人」を書名検索するも該当資料なし。
自館に『吉川英治全集』所蔵があるので、その中に「梅と話す人」が収録されていないか再度、自館OPACで検索するもヒットせず。

次にGoogle検索で「吉川英治」「梅と話す人」のキーワードで検索したところ、青空文庫の「梅ちらほら」という作品がヒット。確認したところ「梅ちらほら」という作品の中に「梅と話す人」という題名の一節があるのを発見。

同ページに底本『吉川英治全集47巻 草子堂随筆』との記載があったので、自館所蔵の同一資料を直接見にいく。233ページから402ページにかけて収録されている随筆『折々の記』の388ページに「梅ちらほら」とその中の一節「梅とはなす人」を発見。こちらの資料を質問者に紹介、提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
タイトルになっている本がない。
NDC
作品集  (918 9版)
参考資料
(Reference materials)
吉川英治 著 , 川口松太郎 [ほか]編纂 , 吉川‖英治. 草思堂随筆. 講談社, 1970. (吉川英治全集 ; 第47巻)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I001065111-00
キーワード
(Keywords)
吉川英治
梅と話す人
梅ちらほら
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000171443解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!